洗濯機水漏れの応急処置を解説

 

洗濯機の水漏れは応急処置でも済ますことが可能です。

しかし今後も長く使うためには根本的な修理も必要になってきます。

戸建ての家では野外に洗濯機を設置するところがありますが、野外であれば少々に水漏れは関係ありません。

 

誰でもできる応急処置は給水栓を止める

 

洗濯機の水漏れの応急処置は給水栓を止めることです。

水漏れの原因が特定できるとその箇所を応急処置します。

排水口や排水ホースは水漏れしているところを乾燥させていれば接着テープでも水漏れを止めることはできます。

テープで水漏れが止まらないのはその部分が濡れているためで、乾燥させるとすぐに水漏れは止まります。

給水口や排水ホースはサイズさえわかれば代用品をホームセンターで購入すればだれでも修理できるでしょう。

交換部品を購入しても水漏れが止まらないのはサイズがあっていないかもしれません。

 

タオルによる応急処置は根本的な解決にならない

 

水道のワンタッチジョイントからの水漏れは、タオルでカバーしても何の役にも立ちません。

引越しするとワンタッチジョイントは以前の人は持っていきますから、ジョイントから水漏れしていると設置ミスと考えられます。

水道の水は蛇口を止めない限り出続けますから、タオルではどうすることもできません。

マンションなら管理会社に電話するか水漏れ業者を呼ぶ必要があります。

水漏れ業者もワンタッチジョイントパーツは取り寄せをするので、あらかじめ自分でメーカーに取り寄せておくのも良いでしょう。

 

給水栓を止めれば冷静に原因特定

 

洗濯機が水漏れを起こすと早く給水を止めることです。

給水が止まると落ち着いて原因を特定します。

原因が特定できるとまず自分で修理できるか、できないかを考えます。

水漏れ修理は経験が少しでもあるとそれほど難しくはありませんが、不器用な人は大変でしょう。

水漏れ箇所によってはメーカーを呼ぶか、見てわかる水漏れは水漏れ業者を呼ぶか判断することになります。

メーカーを呼ぶときは保証書を見て保証期間内であれば、メーカーを呼ぶことも間違いではありません。

保証期間を過ぎている場合は呼ぶべき業者は水漏れ業者になるでしょう。

修理代が安くなることは間違いありませんが、今後の為にも顔見知りになっておくと便利です。

 

水漏れが排水、給水、洗濯機内部か確認

 

洗濯機が水漏れを起こしたときは、原因が排水か給水のどちらかを特定することです。

点検してもどちらでもないときは内部ということになりますが、そのときはメーカーの修理依頼することが正しい選択です。

排水関係と給水関係であれば水漏れ業者でもいいでしょう。

一般にメーカーは修理代が高くつき、水漏れ業者は安く修理できるといわれています。

しかし洗濯機の使用年数も大事なことで10年近くなっていると果たしてどちらがいいのか考えどきと思います。

 

特に多い排水の水漏れ

 

洗濯機の水漏れは排水関係であればそれほど大事でもありません。

排水関係の修理は意外と安く修理することが可能です。

洗濯機の修理は経験がなくてもできるのが排水関係です。

 

参照

洗濯機排水ホースからの水漏れは簡単に修理できる

 

洗濯機底からの未使用中の水漏れ

 

洗濯機底の部分からの水漏れで未使用でも漏れるのは蛇口を閉めていないからです。

洗濯が済むと毎回蛇口を閉める習慣が必要ですが、蛇口が開いている間水漏れするのは給水バルブの損傷(給水ホースと洗濯機の接合部分あたり)が考えられます。

 

パッキンの損傷

 

洗濯機の水漏れの大半はパッキンの損傷です。

洗濯機は多くのパッキンがついていますがそのうちのどれかが損傷しているといえます。

中でも1番損傷しやすいのは後述するワンタッチジョイントだといえます。

 

ワンタッチジョイントの損傷

 

洗濯機の蛇口についているワンタッチジョイントのパッキンが損傷すると蛇口が開いているとジョイントから水漏れがあります。

ワンタッチジョイントの水漏れは、正しく蛇口についていないときと、パッキンの損傷で水漏れが起きます。

 

参照

洗濯機のワンタッチジョイントは水漏れが起こりやすいのか?

 

洗濯機内部の応急処置は難しい

 

洗濯機内部の水漏れは修理すると代金がとても高くなりますが、5年未満の洗濯機は修理費が高くても修理するほうが良いかもしれません。

5年以上使っている洗濯機は修理する費用を考えると交換することも考えましょう。

 

メーカーの出張修理か買い替えか?

 

洗濯機の保証期間が過ぎていると、出張修理が高くなってきますがこのときは使用年数を考える必要があります。

水漏れを起こす洗濯機はなんらかな異常が発生しているためです。

一旦異常が出てくると水漏れしているところを修理しても解決策にはなりません。

使用の仕方に問題があって水漏れを起こすことになるということは、今後も水漏れが考えられるのです。

本当に根本的な水漏れ修理ができるのであればいいのですが、その場限りの修理ではいけません。

洗濯機の寿命も考えて修理か交換の判断をすることになります。

 

参照

洗濯機水漏れで寿命かどうかの判断基準

洗濯機水漏れ対策はこれをやれ!

 

水漏れで呼ぶべき業者は?

 

洗濯機が水漏れを起こすと一般的には水漏れ業者を呼ぶことが多くなります。メーカーの保証期間が過ぎるとほとんどの人が水漏れ業者を呼ぶのは修理代を相当安くしてくれるからです。

それでいて水漏れの原因となる使い方を説明してくれるので今後の水漏れ対策にもなり重宝するでしょう。

水漏れ業者は電話すると原因となることを聞きますが、とりあえず水漏れしない応急処置を先に教えてくれます。

親切で安く修理してくれる水漏れ業者は地元の人が多く電話するとすぐに来てくれるでしょう。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

水漏れを安く業者に修理依頼する方法

洗濯機水漏れを相談すべき相手や業者は誰か?

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから