洗濯機水漏れで防水パンにあまり効果がない理由

 

洗濯機の防水パンは水漏れにはあまり関係なく性能的には防音対策がほとんどです。

賃貸で下の階に響かなくすることを考えて製造していると思います。

水漏れを考えるともう少しサイズを大きくて深くすることが好ましく思います。

 

防水パンの外側に水漏れが起こる理由

 

防水パンを取り付けていると思って安心してはいけません。

洗濯機が水漏れを起こすと、量の問題で多くの水がこぼれることがあります。

このときに排水溝がごみで目詰まりを起こしているとオーバーフローすることもあります。

洗濯機を使用する人が、スイッチを入れて外出するときは排水溝の掃除をすることを忘れてはいけません。

よくある水漏れで水漏れしている家庭では、留守のときが多くあります。

防水パンがあるので水漏れを起こさないと安心しているととんでもないことになります。

防水パンは完璧でないことを念頭に入れて行動することが望ましく、必要以上に気をつけることも大事なことと思います。

防水パンは本来洗濯機のサイズより少し大きい目が理想ですが、市販の防水パンは小さいサイズがほとんどでこぼれる水をすべて排水口に入れることは困難です。

 

市販の防水パンは効果がない

 

一般に販売されている防水パンは洗濯機の水漏れをすべて解消することが困難で対策が必要です。

昔はステンレス製の防水パンがありましたが、最近販売している防水パンは水漏れ対策を考えていないように思います。

フローリングが洗濯機の振動で傷をつけないことと、下の階に音が響かないようにしていると思います。

防水パンを設置している家庭でも、水漏れが防水パンを超えてフローリングまで水が溢れています。

水漏れを起こした家の人は、防水パンを設置していると過信し外出していてフローリングが水浸しになることが多いのです。

防水パンは洗濯機の水漏れには効果を発揮することが多いですが、完ぺきではないことを認識しましょう。

 

市販の防水パンは防音対策だけ

 

市販の防水パンでも設置していないと下の階に音は響きますが、防水パンをつけると確かにあまり響かなくなります。

音に対しては確かに効果がありますが、水漏れに関しては不十分です。

防水パンを設置して水漏れを起こした人が洗濯機をベランダに設置するようになり水漏れが解消したということもあります。

賃貸では洗濯機を設置するところは床下に防水工事はしていないので、防水設備のあるベランダに置く人が多くなっています。

確かに電源などでは苦労しますが、それでも水漏れの心配がないだけでも安心できます。

また最近の賃貸マンションではベランダに水道を引き洗濯機を設置するところが増えています。

これも家主が過去に水漏れで相当問題が生じたための対策と思っています。

室内の水回りに関係するところは本来水漏れ対策をしていることが当然ですが、予算の関係で大家さんによっては対策できていないマンションもあります。

 

防水パンは注文して作る

 

洗濯機の水漏れ対策として防水パンが販売されていますが、賃貸で1度洗濯機から水漏れを起こした人は防水パンを信じていません。

市販のステンレス防水パンは洗濯機とほぼ同じサイズで、水漏れには適していないと思います。

ステンレス防水パンは洗濯機よりワンサイズ大きいのが最適で高さも最低でも10㎝ほど必要です。

洗濯機のサイズが640×640ならせめて750×750×10以上のサイズが水漏れには効果があります。

市販のステンレスの防水パンは2万円ほどですが、水漏れ業者に別注してもそれくらいの価格で済むでしょう。

とはいっても水漏れ業者であれば誰でも良いということではなく、安くて信頼できる人でないといけません。

 

参照

水漏れを安く業者に修理依頼する方法

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

賃貸で洗濯機の水漏れ対策をするのであれば、防水パンにはお金をかけるのがベストといえるでしょう。

引越しするときは自分で作った防水パンも一緒に持っていくこともできます。

ステンレス防水パンは何十年でも持つ優れものです。

余分なお金を出しても、長く使え水漏れは完璧にできると安い買い物です。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓