台所水栓からの水漏れの約半分は水栓自体の劣化ですが、あとの半分はパッキンが劣化したために起きています。

混合水栓のパッキンは昔の蛇口と違い複雑で、パッキン交換は経験がないと上手くできないでしょう。

 

台所水栓の根元からの水漏れ原因と対処方法

 

台所水栓の根元からの水漏れのほとんどが給水管と混合水栓の接続部と思われます。

混合栓の付け根からの水漏れは以下のようにしましょう。

 

  • 混合水栓の使用年数を見る
  • 混合水栓は10年が目安
  • 止水栓を止める
  • 混合水栓を分解する
  • パッキンをすべて交換する
  • 復元して水漏れがあると混合水栓を交換する

 

参照

台所の水を止める元栓の場所と理想的な開ける度合い

台所の水がポタポタと止まらない原因とその解決方法

 

台所の混合水栓は10年を過ぎる頃からチョロチョロと水が流れ出ることがありますが、これはパッキンが劣化しているからです。

ここで問題になるのが修理か交換か悩むところですが、10年以上使用した混合水栓は修理しても長くはもちません。

自分で交換できる人は良いとして、できない人は無理が禁物で専門業者に依頼しましょう。

 

  • 修理もしくは交換を先に伝えると安くなる(1番安くなる)
  • 修理を依頼した後で交換する(1番高くなる)
  • 業者は混合水栓の劣化でも修理する(安く収まるが使用年数は短い)
  • 修理も混合水栓交換もあまり金額的には変わらない

 

専門業者は修理依頼だと手持ちのパッキンで間に合いますが、その後交換となると混合水栓を調達します。

業者に安くしてもらうのは、無駄な動きをさせないことです。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

水栓蛇口からポタポタ水漏れするのはパッキンを交換すれば直る?

 

水栓蛇口からの水漏れのほとんどはパッキンさえ交換すればほとんど水漏れは解消します。

しかし経年劣化した混合水栓はパッキンの接面部分が不都合になっていて早い段階で水漏れが起きるでしょう。

混合水栓はどの地点で交換するか以下のように判断しましょう。

 

  • 使用年数が10年過ぎてから水漏れは交換
  • 使用年数が8年未満の水漏れは修理
  • レバーからの水漏れは修理(自分でできるかも)
  • 混合水栓の根元から水漏れ(業者に依頼する)

 

混合水栓を自分でする人も結構いますが、どうしても元の形に収まらずに業者を呼ぶ場合があります。

混合水栓を交換するのは経験がなければ元の形に復元しにくく途中で業者を呼ぶようになります。

給水管に損傷が起きると素人では当然無理で、業者を呼ぶタイミングを外すと大変なことになります。

 

台所水栓のシャワーホースの水漏れはホースだけ交換できる?

 

台所水栓のシャワーホースからの水漏れはシャワーホースが劣化しているので水漏れが起きています。

修理はホース部分の交換が必要ですが、修理する前に混合水栓の使用年数を考えましょう。

台所でシャワーが使えるのは便利ですが、機能が増えると修理する箇所が当然増えてきます。

台所のシャワーが水漏れを起こすと以下のようにしましょう。

 

  • 使用年数が8年未満なら修理する
  • 10年以上は混合水栓ごと交換する
  • 修理や交換は業者に依頼する
  • 自分で修理や交換すると最終的に業者を呼ぶことになる

 

混合水栓は壁から飛び出しているのは意外と修理や交換は簡単ですが、シンクから出ている混合水栓の交換は素人ではほぼ不可能です。

素人で修理や交換ができない理由は以下のようになっているからです。

 

  • 交換はシンクごと取り除くから
  • 給水管の損傷が多くなる
  • 工具が数多く必要だから
  • ネジを締めすぎると給水管に損傷が入る
  • ネジを緩く締めると水漏れが起きる

 

水道工事は簡単なようで意外と難しいのはネジの締め具合が微妙だからです。

水道工事のネジは閉められる側を固定することは工具がなくてはできません。

工具を購入して失敗することも数多くあり、業者に依頼するほうが無難です。

 

台所水栓のハンドル下からの水漏れの原因と対処法

 

台所水栓のハンドル下からの水漏れはバルブカートリッジといわれるパッキンが消耗したためです。

このような水漏れはほとんど経年劣化が原因ですが、バルブカートリッジ劣化が進むと給水を制限することが困難になります。

台所水栓の修理は以下のようにします。

 

  • バルブッカートリッチの交換
  • バルブッカートリッチの劣化は10年が目安
  • 10年以上になると混合水栓の交換
  • 10年以上使用の混合水栓は交換したほうが良い

 

混合水栓の修理は10年たつと修理しても早い段階で水漏れが起きます。

その理由はバルブッカートリッチを交換してもカートリッチの回りが摩耗しているからです。

業者を再び呼ぶ結果になりやすく、費用面を考えると交換のほうが安くつく場合が多いです。

 

台所水栓のスパウト上部と下部からの水漏れ原因と対処法

 

台所水栓のスパウト上部と下部からの水漏れはよく起きる水漏れですが、スパウトとは混合栓の柱の部分でノズルの付け根を指しています。

スパウトが硬くなると蛇口の向きが変わりにくく柔らかすぎると水漏れが起きます。

台所水栓のスパウト上下からの水漏れの原因は以下のようになります。

 

  • ナットの緩み
  • バルブの故障
  • スパウトの故障
  • パッキンの劣化

 

このような症状があるとスパウト上下からの水漏れが見られます。

修理は可能ですが、水栓自体経年劣化している判断は以下のように見ましょう。

 

  • 10年以上使用したなら交換する
  • 8年未満なら修理する
  • 修理に自信がないのなら専門業社を呼ぶ

 

素人が分解して元に戻せないことが多くありますが、その時点で業者を呼ぶのなら早い段階から依頼しましょう。

スパウトの故障やパッキン等の交換は業者でもそれほど高くはありません。

 

止水栓の接続部分からの水漏れ原因と対処法

 

台所の混合栓は時として下にある止水栓からの水漏れも多くあります。

この水漏れは下の棚に多くの台所の道具を押し込むことなどが原因ですが、止水栓の修理は要注意です。

自分で修理すると以下のようなことが起きています。

 

  • 給水管を損傷させる
  • お湯の銅管は取り扱いが素人では無理
  • 専門業者に依頼しても安く済む
  • 給水管を損傷させると大ごとになる

 

修理中は台所だけ水道が使えませんが、他の水道は使用できそれほど困ることはありません。

止水栓周りの水漏れは以下のようなことで解決することもあります。

 

  • ネジを締めると止まることもある
  • パッキンのまき直しで解決することもある
  • 止水栓を固定してネジを締める
  • 自信がない人は専門業者に依頼する

 

止水栓周りに水漏れは家が建った時にネジを締める程度を間違ったことも原因ですが、多くの台所用品を無理に押し込んだことも原因の一つです。

修理するときに水道配管は強い力に弱く力の入れ具合を間違わないように特に注意しましょう。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから