台所の水を止める元栓の場所と理想的な開ける度合い

 

家の水道をすべて止めるときは止水栓を止める方法しかありません。

賃貸はガス、水道、電気などのメーター類を一か所にまとめている扉があります。

水圧の強弱は簡単に調整することができますが、蛇口から出る水を確認しながらちょうど良い水量に調整をしましょう。

 

台所の元栓の場所とは?

 

台所蛇口の水圧調整をする場合調整場所は2か所あります。

 

  • 家全体の水量調整は止水栓
  • 一時的に調整する場合蛇口の付け根

 

止水栓は家じゅうの水量の調整に使い、蛇口の調整ネジを回すとその蛇口だけの調整ができます。

混合栓レバーは上下して水を出しますが、お湯はレバーを左側に寄せると出る仕組みです。

調整ネジの左側がお湯の調整に使い右側は水の調整に使います。

水のパッキンなどを交換する場合右側のネジを閉めパッキン交換します。

反対にお湯が止まらないときは、左側のネジを閉め交換すると良いでしょう。

 

アパートの台所元栓の場所はわかりずらい?

 

賃貸アパートの台所元栓がわからないときは、とりあえず管理会社に聞きましょう。

水道元栓の位置確認は

 

  • 管理会社
  • 隣の住人
  • オーナー

 

などに聞けばすぐわかると思います。

個別の水道元栓が古い賃貸では付いていない場合もわずかですがあります。

水道代を件数で分割するところもあるので、この場合は個別の止水栓が付いてない場合もあるので管理会社に詳しく聞きましょう。

 

シンク下に元栓がない場合に見るべきところとは?

 

シンク下に水栓が付いていない所も多くあります。

水道は壁伝いに配管を這わせていますが、その場合シンク下に水栓がない場合も多くあります。

台所の水道が壁から出ている場合はシンクの水栓はついていません。

この場合パッキンなどの交換は

 

  • 混合栓の調整ネジで水を止める
  • 混合栓の調整ネジがない場合元栓で止める

 

また混合栓本体の交換する場合は元栓を止める方法しかありません。

業者に交換してもらうと止水栓を止めると思いますが、その場合元栓の位置を確認しておきましょう。

 

元栓の開ける度合いはどの程度に調整するのがベスト?

 

水道の元栓を全開状態にする弊害は

 

  • 水道代が高くなる
  • 各蛇口の水はねがある
  • 古くなった蛇口は水漏れの危険性

 

などが想定できます。

過去の蛇口は回して水を出すのですが、これで水はねが起きることはありません。

しかし混合栓になりレバーで水量を調整する仕組みはすぐに全開状態になり、水はねが頻繁に起きるでしょう。

混合栓のレバーを全開状態にしても水はねが起きない調整は蛇口の付け根の調整ネジでするしかありません。

賃貸住宅などは水道を開栓する場合水量は全開状態になっています。

 

参照

台所の水はねは防止しなければ高額出費となる理由

 

水漏れでの元栓を止めた後と修理依頼をするべき業者とは?

 

寒冷地で水道が凍結して混合栓レバーが作動しなくなったら、止水栓をとりあえず締めて水漏れ業者に修理を依頼しましょう。

家の中は少々のことでは水道管は凍結しませんが、外部や床下などは凍結します。

混合栓のレバーが動かない状態は

 

  • シングルレバーカートリッジの損傷
  • 蛇口内部の凍結

 

などが考えられます。

しかしこれらの修理は専門業者である水漏れ業者に修理の依頼をしましょう。

水漏れ業者は

 

  • 相談が無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまで可
  • リフォームも可
  • 年中無休

 

などとなっています。

水漏れ業者の最大のメリットは水トラブルがあれば30分以内に駆けつけてくれます。

緊急の場合すぐに来てくれるので安心できます。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから