エコキュート導入と台所の水を飲むことについて

 

エコキュートから出るお湯は飲み水としては向いていません。

エコキュートとは電気代が安い夜間にお湯を沸かしていますが、時間をかけて沸かすと水道水のカルキが不足します。

飲み水としては向いていないと思いますが、80度以上になれば菌は死滅します。

水はお湯と配管が全く別配管で飲み水としては問題ありません。

 

エコキュートにすれば飲料水は沸かさないと飲めない?

 

エコキュウ―ト設備は蛇口をひねるとすぐにお湯が出て重宝しますが、マイナス面も多くあります。

お湯が出る蛇口からは飲み水としてそのままの使用はしないような注意書きがあります。

エコキュートのお湯は

 

  • ゴムパッキン(オーリング)
  • 金属

 

これらのパーツがお湯に溶け出す危険性もあり飲み水として適さないのでしょう。

エコキュートから出るお湯を飲む場合は沸騰させて飲まなくてはいけません。

水道水はエコキュートと全く別の配管を流れているので飲み水として問題ありません。

 

エコキュートにすれば沸かしたお湯も飲料水として飲めない?

 

エコキュートのお湯は沸騰させれば飲み水として良いでしょう。

エコキュートは

 

  • タンクに貯めた水を沸かす
  • 一定の水量になると水が入る
  • タンク下から水が入る
  • タンク上部からお湯な出る
  • タンク底部に堆積物が溜まる

 

以上のようなことを繰り返します。

タンク底部の堆積物が給湯時に蛇口から出てくることはほぼないでしょう。

しかし年1回この堆積物を抜いていれば間違っても水栓から出ることは考えられません。

給湯器から出るお湯を飲めるのは

 

  • ガス瞬間湯沸かし器
  • 石油湯沸かし器

 

これらは瞬間的に水をお湯に変える装置ですが、タンクに貯蔵するタイプでないので飲めるでしょう。

飲み水として向いていないのはタンクに貯め時間が経過するからで、マンションンなどでは水道水もタンクに貯めているため飲む人はいないでしょう。

 

エコキュートが凍結すれば台所の水も出ない?

 

エコキュート内部が凍結することはありませんが、エコキュートの付け根にあるバルブが凍結することはあります。

寒冷地ではむき出しになっている配管は凍結防止に保温効果がある布などを巻いてエコキュートからお湯が出るように対処しています。

凍結すると思えるときは

 

  • むき出しのバルブにお湯をかける(凍結時)
  • 冷え込む夜はワラを巻き付ける(凍結予防)

 

このような方法で寒い朝もお湯を出すことが可能です。

気温が0度以下になるとエコキュートの凍結は避けることができません。

凍結予防方法は

 

「お湯の蛇口から1分間に200CC(コップ1杯)の水を出し続ける」

 

こうすれば0度を超えても配管内の水が流れていれば凍結しません。

一見無駄なように感じますが、凍結して配管の破裂が起きたことを考えると経済的でしょう。

 

エコキュートにすれば台所の水圧が下がる?

 

エコキュートの場合水圧が下がってもお湯が水になることはありません。

またエコキュートを使用しても特に台所の水圧が下がることもありません。

もし下がるのであれば元栓、止水栓に問題があるかもしれません。

元栓については以下のページで説明をしていますので参考にしてほしいと思います。

 

参照

台所の水がポタポタと止まらない原因とその解決方法

 

エコキュートは設定の仕方でもお湯の出方が大幅に変わることがあります。

設定方法は

 

  • お任せモード
  • 節約モード

 

お任せモードでお湯が出なくなるのは1度点検してもらうことをおすすめします。

また節約モードであればお湯が出なくなる場合もあります。

お湯を使う季節になるときは早い段階で点検してもらいましょう。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから