台所の水栓金具メンテナンスと交換費用の相場

 

台所の水栓金具は単水栓か2ハンドル混合栓なら自分でできます。

シングルレバー混合栓やサーモスタット混合栓は構造が複雑で内部は触らないほうが良いでしょう。

安く交換する場合は水漏れ業者に依頼しましょう。

 

水栓金具からシングルレバーに交換することはできるのか?

 

水栓金具をシングルレバーに交換することはできますが、交換する場合水道業者に依頼しましょう。

交換自体は簡単ですが、自分でやって水道銅管を破損する人が後を絶ちません。

銅管は締め具合が微妙で強く締めると折れ曲がり、緩く締めると水漏れするでしょう。

蛇口の種類はおおむね2種類です。

 

  • シングルレバー混合栓
  • サーモスタット混合栓

 

以上の混合栓はレバーが一つで上下の操作で水を出し、左右の動作で温度の調整をするタイプです。

上下のレバー操作は一見簡単そうですが、水量の調整が難しいのです。

レバー操作で強くすると水が跳ね緩いと給湯器がスイッチオンになりにくいのです。

給湯器はある程度水量がないとオンにならずきつすぎると水が飛ぶ跳ね水漏れの原因になりやすいのです。

 

参照

台所の水はねは防止しなければ高額出費となる理由

 

水栓金具の交換費用の相場は?

 

水栓金具の価格は大きく分けて2種類あります。

この2種類は使い方の違いで高ければいいというものでもありません。

主な種類は

 

  • シングルレバー混合栓   14000円~3万円
  • 2ハンドル混合栓    6000円~1万円

 

混合水栓の価格はほぼこれくらいでしょう。

水栓金具の価格はこの範囲で選ぶことが可能ですが、これ以外にも設置費用がかかります。

設置費用も業者により多少の違いはありますが、なるべく安い業者を呼びましょう。

シングルレバーの高額なものはシャワー付きですが、シンクの掃除には最適です。

使用者の中にはシングルレバーが調整しにくく、2ハンドルのほうが調整しやすく使いやすいという人も多くいます

 

水栓金具交換をなるべく安くする方法

 

水栓金具の交換は安くすることは当然ですが、できることであれば購入先でつけてもらいましょう。

水栓金具の安いところは通販サイトですが、通販サイトはあくまでも購入だけで設置する場合は別の業者になります。

この場合どうしても高い取りつけ費用になるでしょう。

水栓金具の販売から設置までやっているのは

 

  • メーカー
  • ホームセンター
  • 市指定水道業者
  • 水漏れ業者

 

などと限られてきます。

この中でも出張費を請求しないのは水漏れ業者だけです。

安く金具を購入しても設置費用が出張費を入れると1万円を超えるところが多くあるので気をつけましょう。

水漏れ業者は

 

  • 相談が無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまで可
  • リフォームも可
  • 年中無休

 

などとなっています。

使用者の希望に沿った方法で取り付けまで任せて安心できるでしょう。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

水栓金具を濡れたまま放置すれば水垢になる?

 

水栓金具は濡れたままで放置すると確かに水垢が付着して見た目が汚くなります。

これを放置するといずれ水垢がこびりつき汚くなります。

台所ではスポンジを用意している家庭は多くありますが、スポンジでいくらこすっても水垢は落ちないでしょう。

この水栓金具の手入れの仕方は

 

  • メラミンスポンジ(激落ち君)(マジピカ)
  • アルミホイル
  • ジーンズ(デニム生地)

 

などは効果があるでしょう。

汚れ落ちが悪い場合は洗剤を少し付けると綺麗になります。

メラミンスポンジは各社呼び名が違いますが、メラミンスポンジならどれも同じと思います。

 

参照

徹底解説!台所のシンク水垢の掃除方法

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから