台所の水圧が弱い家の特徴とその解決方法とは?

 

台所の水圧が低いときはメーターボックスの蛇口を緩めれば高くなるでしょう。

水圧が低い地域もありますが、高台などは典型的に低い場合が多くあります。

建物内の蛇口は水圧が高いのですが、台所だけ低いときは異常と考えて1度見てもらうことも良い方法です。

 

水圧が弱い傾向がある家や地形とは?

 

水道の水圧が弱いお家は地形に関係していることが多くあります。

水圧が低い地域は

 

  • 高台にある
  • 地域に住宅が多く建ってきている
  • 商売する店舗が多い地域

 

水圧が低い地域は以上のような原因があります。

これらの地域はいつまでも低いとは限らず徐々に改善してくるでしょう。

水道局は住宅が多くなってから水道工事をして給水管のサイズを変えています。

住宅が多くなってもすぐにできることではなく徐々にではあるが改善するでしょう。

 

参照

洗面所の水が出ないのや出が悪いのは水圧が原因?

 

台所の水圧が突然弱くなる原因とは?

 

台所の水圧が落ちてくることはほとんどありませんが、まれに起きていることもあります。

水圧が落ちる原因は

 

  • 近所に住宅ラッシュがある場合
  • 水道使用が重なる場合
  • 水道給水管に不備がある場合

 

などが考えられます。

水道蛇口のストレーナー(水道の先についているフィルター)の詰まりは水圧が落ちる原因ではありません。

ストレーナーが詰まると水をまく要領と似ていますが、ホースの先端をつまみ水が出る範囲を狭めると遠くに飛ぶはずです。

柔らかい水と激しく飛び散る水は同じ水量ですが、出方が変わるだけで水圧とは関係ありません。

 

台所だけ水圧が弱い物件の原因とは?

 

台所の水圧が弱いときは他の蛇口を開けてみることです。

台所だけが水圧が低いのは給湯器から水を出してみればよくわかります。

お湯のレバーを回して水の出方を見て今度は水を出して水圧が変わるようだと給水管の問題です。

給湯器の給水管は一方がお湯になり、もう一方直接は台所に入っています。

水道の出が悪いときは建物の内部に配管する給水管に問題があると考えられます。

洗面所などはシンクの下に個別蛇口がありますが、台所の水道は壁から出ていて単独の蛇口はありません。

結果メーターから引いている給水管が壁の中でふさがっていると考えられます。

この場合は水道業者を呼ぶしか方法はないでしょう。

 

浄水器の設置によっても水圧は弱くなる?

 

浄水器の設置から水圧が下がることは従来では考えられません。

ビルトインタイプの浸透膜式の浄水器の場合、常にタンクに水圧がかかっているために水道の出が悪くなる場合もあります。

しかしまともな給水管であれば水圧が落ちることはないでしょう。

浄水器をつけて水圧が下がるような事例はあるにはありますが、一軒の住宅で水圧が下がる蛇口が1つでもあれば異常です。

確かに蛇口をすべて緩めると全体の蛇口で水圧は落ちるでしょう。

浄水器をつけたために水圧が下がるのは浄水器メーカーの商品に異常があると考えられます。

ろ過した水はタンクに行き、後の不純物を含んだ水は常に排水されているため

常に水道を使っている状態になっています。

排水される水量が適切ではないかもしれません。

 

立水栓の増設でも台所の水圧が弱くなる場合もある?

 

立水栓の増設で台所の混合水栓の水圧が下がることは正常な工事であれば起こらないでしょう。

いくら蛇口を増やしても使っていない状態であれば、台所の水圧が落ちることはないでしょう。

立水栓の増設の工事の時に給水管に異物が混入したと考えるのが正しい判断です。

キッチンの混合水栓は、構造部分にゴミが入らないようにフィルターがあります。

水道工事のさなかにゴミが入りこみゴミがフィルターに詰まっていると考えられます。

新しい混合水栓はフィルターの掃除ができるタイプもあるので外してして点検しましょう。

特定の蛇口の水圧が下がるのはほとんどがこれらの原因です

 

水圧の調整は水道メーター内のハンドル操作が必要

 

水圧が低い所(高台)などは水道を多くの家庭で使う時間帯は確かに水圧が落ちる場合もあります。

一般に水道を使う時間帯でなければ1度メーターボックス内にある蛇口を開いてみましょう。

水道代を安くするための蛇口を閉めている場合が多くあります。

メーターボックスの蛇口を全開にすると水圧は強くなるでしょう。

また高台に位置する住宅は水道使用が重なる時間帯は一時的に水圧が落ちることもありますが、時間とともに必ず回復するでしょう。

どうしても元に戻らないときは水漏れ業者に見てもらいましょう。

水漏れ業者は

 

  • 相談が無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまで可
  • 水まわりリフォームも可
  • 年中無休

 

このような業務内容です。

水回りに不安があれば1度相談しましょう。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

また近所に建売りなどが増加しているような現象があれば、一度水道局に相談しても良いでしょう。

配管を口径の大きなものにしてもらえれば水圧が正常に戻ることも多いです。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから