洗濯機の排水位置が上や高いことを簡単に解決する方法

 

洗濯機の排水位置は通常洗濯機より低いのが当然ですが、高いところに排水する場合はちょっとした工夫が必要です。

排水溝が高くなると排水ホース内に排水が残ることになり洗濯槽の排水が完全にできることはありません。

 

洗濯機の排水溝は通常は洗濯機よりも低い

 

洗濯機の排水溝は通常排水口より低い所にあることが理想ですが、賃貸住宅では逆に高いところにある場合もあります。

排水溝が高いところにある場合は水漏れの危険性が高まりますが、その場合は洗濯機をかさ上げすることで解決します。

洗濯機を上げるのは防水パンも有効ですが、安いブロックなども最適です。

 

参照

洗濯機水漏れで防水パンにあまり効果がない理由

 

しかし洗濯機には適当な振動もあるので、フローリングに傷がつかないように考えなくてはいけません。

洗濯機の設置場所は

 

  • 排水講より高い位置
  • 排水ホースは自然流水できるところ
  • 排水ホースは直線的に入れる

 

などが理想ですが、これらのことをクリアしているのはあまりないと思います。

 

排水位置が上や高い位置にどうしてもなる場合の解決方法

 

排水溝が洗濯機より高い位置にある場合は、排水が逆流することになります。

洗濯機の排水口の開閉が時間で決められていますので、流れが悪くなると洗濯槽に排水が残る場合もあります。

本来洗濯機は排水溝より高い位置にあることが理想ですが、同じ高さのフロアーにあること自体間違っています。

排水溝は洗濯機の設置場所より低い所にあると排水の最後でも自然流水できるのです。

10センチくらいの高さを解消するには

 

  • 洗濯機をブロックで上げる
  • 防水パンの下に角材を入れる

 

などが効果的ですが、これ以外に洗濯機の振動を考慮して対策を講じる必要があります。

角材などに洗濯機のタイヤがはまるような穴を作り、振動で簡単に動かないようにするという方法も併用していきたいところです。

洗濯機は見た目をさておき結果から考えることが重要です。

水漏れの被害を想定すると対策を講じておけば良かったと思うでしょう。

 

洗濯機の排水位置が上や高い位置にあるのを放置する危険性

 

洗濯機の排水位置が高いときに放置すると様々な危険性が出てきます。

 

  • 何時間洗濯しても汚れが落ちない
  • 洗濯機の底から水漏れが起きる
  • 排水ホースの下でフローリングが濡れる
  • 冬場に洗濯槽が凍結する

 

などの症状が出るでしょう。

これらの原因は全て排水が順調に行われないためで、排水が大量に洗濯槽や排水ホースに残るからです。

洗濯物を綺麗にするための洗濯ですが、結果汚れが落ちず水漏れや悪臭の元になるでしょう。

 

洗濯機の排水位置を依頼するならどの業者がベスト?

 

洗濯機の設置場所と排水溝の関係は素人が考えてもかなり難しいと思います。

洗濯機と排水溝の高さを調整するには、排水溝の位置を変えることはできません。

 

参照

絶対に間違えてはいけない!洗濯機の排水位置

 

ましてや賃貸住宅であれば勝手に改善することはとても危険です。

引っ越す前にオーナーから元の状態に改善するように言われることもあります。

結果的に対策は洗濯機をかさ上げするしか方法がありません。

自分ではできなくて業者を呼ぶ場合、どの業者が良いかわからないでしょう。

修理や改造などは業種の違う人が多く入ると費用は高くなります。

その点修理代を安く抑えられるのが、水漏れ業者です。

水漏れ業者は

 

  • 事前相談が無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまで出来る
  • 修理費を安く設定している

 

内容的にはこのようになっていますが、水漏れ業者は大工さんや他の業者と密接につながっており結果安くなります。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓