洗濯機排水を二股にするメリットと危険性

 

洗濯機の給水と排水を二股や分岐にするのは少々危険です。

給水はどうにでもなりますが、問題は排水です。

排水は短時間に大量に水が排出されますが、排水ホースの2台分の排水が流れるとおそらく時間内には排出できないでしょう。

洗濯機の排水は洗濯槽に水がなくなって開閉口が閉まるのではありません。

 

洗濯機が2台あり給水と排水を二股に分岐することは可能か?

 

2台の排水は結論から言うと同時に使用する場合であれば無理です。

洗濯機の排水は当然1台分の排水に耐える排水管を設置しています。

洗濯機の排水を二股や分岐にすること自体基本的には可能ですが、その場合に1台だけを使うのであれば問題ありません。

洗濯機の排水溝からの水漏れが多く発生していますが、1台でも水漏れが起きることを念頭に入れておきましょう。

洗濯機が2台あると二股や分岐は確かに便利ですが、便利の裏返しには水漏れという苦悩があることをよく考えましょう。

給水は蛇口の二股や分岐で対処することは可能です。

もしくは1台ずつ使うのであればワンタッチジョイントでも可能です。

 

参照

洗濯機のワンタッチジョイントは水漏れが起こりやすいのか?

 

二股や分岐排水は洗濯機のエラー表示を招く?

 

二股や分岐排水は洗濯機のエラー表示が出ることもありますが、洗濯機の排水溝の形式を考えましょう。

排水ホースが丁度入る口径になっているはずです。

この口径サイズは余分なものを入れさせないためですが、排水管との関係もあります。

排水管は洗濯機1台でも上手く排水できないときがあるから水漏れ事故が起きています。

それ以上に別の排水を流すこと自体無謀です。

洗濯機の排水溝は虫や悪臭が出ることもありますが、これは全て洗濯機1台のトラブルです。

賃貸住宅などは悪臭で悩んでいるところも多くありますが、余分なホースを差し込むことで余計悪臭もひどくなるでしょう。

一戸建ての場合は排水溝の口径サイズを変えることで何とか二股や分岐排水も可能ですが、その費用を考えるとおそらく誰もしないでしょう。

 

参照

洗濯機排水エラーの原因と解決方法

解説!洗濯機の排水から虫やゴキブリが家の中に入る予防方法

徹底解説!洗濯機排水溝の詰まりから来る臭いの解決方法

 

二股分岐は床上や室内だと水漏れの危険性がある?

 

洗濯機のフタ股排水はかなり危険です。

水漏れが起きると想定するとおそらく誰もしないでしょう。

一戸建ては排水溝を新しく設置することで解決しますが、賃貸住宅ではオーナーさんが承諾しないでしょう。

洗濯機を2台設置する方法は

 

  • 使う場合には1台だけ
  • 2台使う場合は新たに排水溝を設置
  • 洗濯機を交互に使う場合は可能

 

などと限られてきます。

洗濯機は1台でも水漏れが起こることを考えなくてはいけません。

それが2台になってくると余計心配が増えることになります。

どうしても2台使う場合はよくよく気をつけるしかないでしょう。

 

台所排水と洗濯機排水を二股や分岐で一緒にしても問題ないのか?

 

台所の排水と洗濯機の排水を同じ排水溝に流すのは少々問題があります。

台所のシンクには大きなトラップが付いていますが、これ自体臭いを遮断するものです。

シンクの排水溝に洗濯機の排水を入れることは構造的には可能ですが、問題が多く出るでしょう。

シンクはシンクの真下にトラップが付いていますが、洗濯機の排水を入れる場合トラップが排水溝には付いていません。

当然トラップのない排水講から悪臭が上がってきますが、その対策ができるのであれば問題ないでしょう。

賃貸住宅の多くは排水講にトラップが付いていないのは洗濯機の排水溝だけです。

キッチンのシンクにはトラップはついていますが、あくまでもシンクの真下だけです。

キッチンの排水溝にはトラップがついていないので洗濯機の排水を流す場合新たにつけなくては臭いが我慢できないでしょう。

結論からいうと二股や分岐を付けて流すことは可能ですが、臭いのことを考えると断念したほうが良いでしょう。

仮に二股や分岐で排水した場合は悪臭でその家には住めないでしょう。

それよりの洗濯機の排水はお風呂に流すことを考えれば良いでしょう。

 

参照

洗濯機排水口にトラップをつけるメリットは臭い予防?

洗濯機排水を風呂や浴室に流し綺麗に維持する方法

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓