洗濯機排水を風呂や浴室に流し綺麗に維持する方法

 

洗濯機の排水は賃貸住宅であれば直接排水溝に流すのですが、一戸建ての住宅では洗面所に洗濯機を設置しています。

洗面場は洗濯機の排水を直接お風呂に排水を流すところもあります。

ホースが届かない場合は延長ホースで排水を風呂場に流す場合水漏れの危険性はいくらか緩和されます。

 

洗濯機の排水は特にマンションではうまく排水できない原因がある

 

洗濯機の排水はマンションでも一戸建てでも排水講に直接流すと水漏れの危険性が増幅されます。

洗濯機を洗面所に設置すると排水はお風呂に流すことができますが、この状態が排水には理想です。

賃貸マンションでは排水管に傾斜を付けることがほとんどできません。

 

参照

マンションで水漏れが起こった場合の管理組合への対応

 

従って排水の流れが悪くなっているのですが、何軒かで洗濯すると排水管は満杯状態で逆流するしかないのです。

風呂場の排水は排水ホースを曲げることなく排水できますが、曲がりすぎると水垢や糸くずがホース内に残る危険性があります。

洗濯機は糸くずや髪の毛は想像以上に流れています。

排水溝などの点検や掃除をおろそかにし過ぎると、必ず水漏れ事故の原因になります。

排水の水漏れが起こった家庭では洗濯機の排水をお風呂場に流してみることです。

そうすれば必ず水漏れ被害は大幅に解消されるでしょう。

 

可能なら洗濯機の排水はお風呂がベストな理由

 

洗濯機の排水は直線的にホースから排出できるのが良いのですが、洗濯機のホースはジャバラになっているせいで糸くずなどが溜まりやすいのです。

排水溝には上から流し込むのですが排水トラップなどは余計水の流れを悪くしています。

洗濯機の排水も直線的に排出できるのが理想ですが、ホースがジャバラになっているということは曲線になりやすいのです。

水の流れる速度も遅くなりやがて排水ホース周りから水漏れが起きてくるのです。

その点風呂場に流す排水はほとんど自然流水のように流れるために糸くずや髪の毛が付着することはありません。

ただし毎回洗濯するたびのに風呂場の清掃が必要になりますが、これで洗濯機の水漏れが解消するのであれば大正解でしょう。

 

洗濯機から浴室への延長ホースを購入するべき店とは?

 

洗濯機からホースが短くて届かないときは、延長コードでカバーしましょう。

延長コードはホームセンターでも販売していますが、口径を間違ってはいけません。

ホームセンターで購入する際に口径違いでの交換も考えておくことも良い方法です。

ホームセンターはレシートがあれば交換には応じてくれます。

たったこれだけのことで洗濯機の水漏れが解消できるのであれば簡単なことです。

洗濯機の排水ホースを排水口に入れなければいけないと考えるのは大間違いなのです。

ホースを排水溝に差し込むために水漏れは起きているのですが、正しくない概念は捨てましょう。

 

お風呂の排水口か床かどちらに排水するべきか?

 

洗濯機の排水をお風呂の排水か、洗濯機の排水口のどちらが正解かと言いますと流量に合っていればどちらも正解です。

しかし賃貸住宅などの排水管の口径に問題が多くあります。

口径サイズが改良されない限り排水溝に流すのは間違っていると思います。

お風呂場は全面的に防水工事が施されていますので床に排水が10センチ溜まっても水漏れを起こすことはありません。

しかし排水口にホースを差し込む場合は、床に排水が溜まるとフローリングの張り替えなどに10万円ほどかかることは覚悟しないといけません。

総合的に考えると危険を解除できるほうを選ぶと思いますが、それも人それぞれです。

 

洗濯機の位置が浴室よりも低い場合の排水の仕方

 

洗濯機がお風呂場より低いときは洗濯機に防水パンをセットすると約10センチ持ち上げることも可能です。

 

参照

洗濯機水漏れで防水パンにあまり効果がない理由

 

もしくはプラでできたブロックなどもいいのですが、その場合は洗濯機の振動なども考慮する必要があります。

確かにお風呂場が洗濯機より低い場合は洗濯機を上がる方法に苦慮することもありますが、水漏れを考えるとよほど良いでしょう。

賃貸住宅に住む人の大半が水漏れ被害に悩んでいます。

いくら保険に入っていても被害者には優しく加害者には厳しいことを考えてみましょう。

他人の被害は保険適用ですが、自分の被害は保険適用外になるということです。

結果水漏れが出ない方法を模索するのですが、それがお風呂場に排水を流すことで解決できるのです。

 

浴室への排水ホースを固定する器具もある

 

洗濯機の排水で浴室に入れる場合、別に器具まで購入する必要はありません。

洗面器に水を入れホースの先端を押さえるだけでも十分です。

もしくはホースを延長してホースが振動で動いても、水漏れがしない方法はある程度の重量のあるもので押さえれば問題ないでしょう。

ホースの振動が激しいときはその対策より洗濯機に何らかの問題が発生しています。

洗濯機は本来振動がありますが、ホースが暴れるほど振動はありません。

振動の原因となることの処理が先決ですが、振動が起きるのは

 

  • 回転軸の摩耗
  • 洗濯物の制限超過

 

などが考えられます。

洗濯機の回転軸の損傷はそろそろ買い替え時かもしれません。

洗濯機の回転軸が損傷する多くの原因は通常より多い洗濯物の仕様です。

これが度重なることで回転軸の摩耗が早くなることをよく考えましょう。

 

浴室へのホースにカビがつくときの対応方法

 

洗濯機の排水ホースを風呂場に流すと、排水講より多くカビが発生します。

それはお風呂の湿気が原因です。

カビ対策は延長ホースを使っている場合は、延長ホースごとバケツにカビ除去洗剤を入れてホースをつける方法が良いでしょう。

お風呂も掃除するときはカビが発生しますが、排水ホースも同様にカビは発生します。

カビは落とせば済みますが、もし水漏れを起こすと掃除だけでは済みません。

フローリングなどの排水が何度もこぼれるようになるといつかフローリングの張り替えも必要になります。

結果論で考えると洗濯機のホースのカビ取りか、フローリングの張り替えかどちらを選択するかという問題です。

誰しもが手間だけで済む掃除を選択するでしょう。

洗濯機の水漏れで水漏れ業者を呼ぶようになるとある程度の金額を請求されます。

これは1番安い水漏れ業者で、高いとこなどはかなりの金額になるでしょう。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓