解説!洗濯機の排水から虫やゴキブリが家の中に入る予防方法

 

洗濯機の排水口から虫やゴキブリが内部に入るのはよくあります。

洗濯機は蓋を締めていても排水口からオーバーフロー管を通り入ってきます。

洗濯機の蓋が開いていると部屋内部にゴキブリの道がついてくるのです。

 

洗濯機に入りやすい虫とは?

 

洗濯機に入りやすい虫は当然排水ホースの口径より小さい虫ですが、虫を完全に遮断する方法はホースの先端を水につけることです。

虫や臭いを止める方法は封水を作ることです。

洗濯機に紛れ込む虫は

 

  • ゴキブリ
  • ムカデ
  • ハエ
  • 団子虫

 

などが入りますが、ほとんどの虫は下水管から入ってきます。

 

洗濯機の排水溝の臭いの原因

 

洗濯機の排水溝はS字の排水になっていないのは、家に中では洗濯機だけです。

排水溝がS字になっていないために下水管の悪臭が逆流してきますが、これを完全に止めるのは少々無理があります。

排水溝の中に洗濯機のホースを差し込むのですが、当然少しは隙間が空いています。

臭いはこのようなわずかな隙間でも逆流するのです。

この隙間を粘土質のものでふさぐことができれば、ほとんど臭いの逆流は防ぐことも可能ですが、これとて完全ではありません。

臭いの元を完全に立つ方法はS字トラップをつけることですが、床下の隙間がない賃貸ではできないのです。

 

参照

徹底解説!洗濯機排水溝の詰まりから来る臭いの解決方法

解説!洗濯機排水溝を徹底的に掃除する方法

 

洗濯機の排水溝に汚水が逆流することもある?

 

洗濯機の排水溝に汚水が逆流することは通常では考えられません。

配管は汚水と雑排水は別の配管が通っていますのですが、元をたどれば同じ所になります。

洗濯機の排水溝に汚水の臭いが逆流することはありますが、汚水が逆流することはないでしょう。

建物の中の排水溝にはほとんどはSトラップが付いていますが、唯一付いていないのは洗濯機の排水溝だけです。

S字トラップが付いていない場合は臭いが逆流するのは当然です。

可能性としては汚水の排水管がつまっていて、そのため洗濯機の排水溝に逆流しているといえるでしょう。

 

洗濯機の排水溝からホースに虫が逆流することもある?

 

洗濯機の排水溝から虫が入ってくるのはS字トラップが付いていないからです。

下水管の臭いが逆流するということは、虫も逆流する道もありえると考えて良いでしょう。

これを遮断する方法としては洗濯が終わるとホースを抜き排水溝に蓋を閉めることです。

洗濯機はワンタッチジョイントが付いていますが、先端にもフックが付いています。

このフックは洗濯が終わるとホースを外し洗濯機にかけるようになっています。

この当たり前のことを面倒と考えるから洗濯機には虫や下水の悪臭が逆流するのです。

 

参照

洗濯機のワンタッチジョイントは水漏れが起こりやすいのか?

 

ハイターなど塩素系の洗剤で虫の侵入は解決できる?

 

洗濯機に入ってくる虫対策は塩素系の洗剤では一時しのぎにしかなりません。

根本的に解決する方法は、排水溝の遮断だけです。

一戸建ての住宅では施工時洗濯機の排水溝にS字トラップをつけることもできますが、賃貸マンションではできないのです。

賃貸マンションでは床下の制限がありS字トラップがつけられないので、洗濯が終わるとその都度排水溝に蓋をすることしかできないのです。

もしくは排水溝とホースの隙間を粘土質のもので隙間を詰めることが最善策と思います。

 

排水溝からの虫がパテ止めや粘土で完全解決できる?

 

一戸建ての住宅は洗濯機の排水溝が側溝(会所)につながっていますが、虫はその会所から侵入してきます。

側溝は排水管の詰まりを簡単に修理するためのものですが、虫はその会所が侵入の入り口となっています。

会所には洗濯機から出る糸くずや髪の毛が溜まりますが、その都度清掃することが良いでしょう。

虫の侵入を防ぐのは会所に金物の網などが最適ですが、それも目の小さいものが良いでしょう。

しかし毎回洗濯が終わると排水溝に蓋をすることができない人は、排水溝から流れ出る会所までは掃除しないでしょう。

虫に侵入は横着な人が体験することになりますが、もう少しこまめな点検掃除が大切なことです。

下水管の臭いの逆流はパテで排水溝の隙間を埋めることが良いでしょう。

 

排水溝にトラップがついていないと虫が入りやすい?

 

排水溝にS字トラップが付いていないから悪臭や虫の侵入に悩ませられることになります。

一戸建ては改善の方法はS字トラップさえつけられれば解決します。

しかし賃貸マンションなどはS字トラップをつけることが不可能です。

一般の主婦は毎日掃除をしていますが、それは見えているところだけで、見えない排水溝などはほったらかしです。

掃除や点検は見えていないところが重要でそれができると虫や悪臭に悩まされることはないでしょう。

賃貸住宅は排水溝にホースの隙間をパテなどで詰めることである程度は解消できますが、これ自体完全ではありません。

完全に遮断する方法は洗濯が終わると排水溝に蓋をすることです。

ホースを垂らすと排水が溢れるでしょうから洗濯機にホースの先端にフックが付いていてかけるところがあります。

洗濯終了後に毎回こうすることで虫と悪臭は完全に遮断することが可能です。

邪魔臭いと言わず頑張りましょう。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓