排水ポンプSSP-100は購入してはいけない?

 

SSP  -100 は排水圧送ポンプ(雑排水専用)ですが、このポンプを一般家庭ではほとんど使わないでしょう。

手洗い器やシンクなどの水まわり設備を既存の建物内に増設した際、その排水(雑排水)を主排水管まで圧送するために使用しますが、業務用のためこれを購入するより業者を呼ぶほうがいいでしょう。

 

テレビで放送されたSFAポンプ

 

テレビで放送されてから急に脚光を浴びていますが、それでも一般家庭では必要ないでしょう。

SFAとはメーカー名でSSPは商品名です。

この排水圧送ポンプは業務用で一般家庭では全く必要ありません。

間違った使い方をするととんでもないことが起きることもありますので、購入した人はより一層気をつけることが必要です。

 

SSP-100はパワーが強力

 

雑排水専用最大揚程は6メートルですが最大水平圧送距離は60メートルと威力は相当なものです。

一般家庭ではホームセンターなどで販売されている圧力ポンプが手ごろな価格で販売しています。

なぜ一般家庭では使ってはいけないかということですが、水圧の危険性を認識していないからです。

強力な水圧は鉄板でも切断するくらい威力があるので、家庭では使わないようにしましょう。

 

SSP-100の使用用途

 

使用するところは

 

  • ユニットバス
  • 流し台
  • 洗面化粧台
  • 洗濯機
  • 手洗い器

 

等で使うこともできます。

主に業者が使用するものとして重宝されています。

 

SSP-100は家庭用ではない?

 

この排水圧力ポンプはほとんどといって良いくらい一般家庭では使われてはいません。

使用の際は注意書きを理解することが必要ですが、できれば事故につながる恐れもありますので特に気をつけることです。

 

一般の家庭用排水ポンプとの違い

 

家庭用排水ポンプとの違いはどこにあるのかということになります。

一般家庭では排水管にある程度の傾斜がついていて自然流水で流すのですが、商業施設などの厨房では野菜などの切れはしも排水溝に流す傾向があります。

ある程度は流れない工夫(ストレーナー)がされていますが、それでも排水管に流れてしまうのです。

ちなみにストレーナーについては以下のページで説明をしています。

 

参照

排水ポンプ配管選びとメンテナンス方法

 

業者を呼ぶと結構な料金がかかってきますが、これ1台でほとんど排水管の詰りは解消してしまいます。

最近の厨房では片隅に設置しているところも見ることがありますが、一般の人が見ることはほとんどないでしょう。

 

パワーや出力の違い

 

家庭用排水ポンプは配管内に異物があると吐き出す能力が落ちますが、ホースの抵抗でも吐出し量が落ちることもあります。

SSP-100はまったく抵抗なく圧力で異物なども排水桝まで押し出すのです。

家庭用排水ポンプは揚程高さが水を押し出しますが、このSSP-100は圧力をかけ水を流し込むので配管傾斜がなくてもしっかり押し出します。

 

価格の違い

 

家庭用排水ポンプはネット通販ではかなり安い価格で買うことも可能です。

安い排水ポンプであれば20000円ほどからでありますが、このSSP-100は10万円を超えるような価格です。

SSP-100はもっと販売網が行き届くと大量生産して安く手に入るでしょう。

確かにテレビで放送すると問い合わせがあるようですが、それでも購入する人は僅かです。

購入者の内訳はやはり専門業者が多いのですが、一般の人が購入するのはごくまれです。

家庭用ポンプを購入するならば水漏れ業者が最適です。

 

  • 出張費がかからない
  • 相談もできる
  • ポンプの設置ミスなどが少ない
  • ポンプ選びのプロなのでアドバイスをもらいながら選定でき失敗しない

 

このような理由があるからです。

ホームセンターやネット通報で安いので購入する人も多いかもしれませんが、設置できなかったり、ミスをしたり、また正しい使用方法をアドバイスもらえないので寿命が短くなって、結果として高い買い物になることが多いのです。

 

参照

排水ポンプを購入するべき業者とは?

アマゾンやモノタロウで排水ポンプ通販購入し失敗する人とは?

排水ポンプはホームセンターで購入してはいけない理由

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓