家庭用の排水ポンプは出力0.25KWで十分?

 

家庭用排水ポンプの出力とは、ポンプが排水を吐き出す力を表しています。

吐出し量と揚程高さは微妙に関連していて、吐出し量が上がると揚程高さが下がる仕組みです。

吐出し量と揚程高さを両方求める場合は排出量が7.5KWなどの高出力に変えることです。

 

排水ポンプの出力例

 

  • 0.15KW
  • 0.25KW
  • 0.4KW
  • 0.75KW
  • 1.5KW
  • 3.7KW
  • 5.5KW
  • 7.5KW

 

以上のように排水ポンプの出力にはいくつか形式があります。

一般家庭での適切な排水ポンプは0.15KWから2.2KWが適しています。

排水ポンプは使う場所でも出力を選定する目安になりますが、専門知識がある人に相談することが望ましく思います。

 

出力とそれぞれの排水ポンプの使用用途

 

排水ポンプを使う場合には設置する場所が問題になってきます。

排水をどの高さまで汲み上げどれだけ遠くまで排出するのがいいかわからずに購入してはいけないのです。

通常は一般家庭用であれば2.2KW未満の排出量で十分です。

家庭から出る雑排水の処理をするのであればこれ以上の排水ポンプは必要ないでしょう。

ただ排水管が長い場合や傾斜がついていないときには7.5KWが必要になっている場合もあります。

配管が長くなると抵抗も大きくなり出力の高いものが必要になってきます。

 

参照

排水ポンプ配管選びとメンテナンス方法

排水ポンプの揚程計算とその目安

 

これらのことを選定するときはポンプの専門家などにアドバイスをもらう必要でしょう。

 

家庭用排水ポンプでは出力はどの程度で十分か?

 

家庭用排水ポンプは排水を汲み上げる高さと送り出す距離も選定する基準になってきます。

高さはあまりないのに道路の下水管まで距離がある場合にも出力が高い排水ポンプが必要になってきます。

また下水管までは距離はないのですが、高さがかなり高い場合も出力の高い排水ポンプが必要になってきます。

これらのことを加味したうえで排水ポンプを選定するのですが、はじめて排水ポンプを使う場合は専門業者に相談することが不可欠と思います。

間違ってネット通販などで安いからと購入すると合わなければ交換する羽目になります。

 

参照

アマゾンやモノタロウで排水ポンプ通販購入し失敗する人とは?

 

送料を負担して交換するほど馬鹿らしいものはありません。

くれぐれも間違わないようにしましょう。

 

出力が大きいものを購入するリスクはあるのか?

 

家庭用排水ポンプの出力はあまり高いところに汲み上げない場合はそれほど過敏になる必要がありません。

通常は家庭用であればすべて間に合うと思います。

出力の高い排水ポンプはやや価格も高めですが、しかし使うのにデメリットがあるわけではありません。

メーカーによりネットでは出力をはっきり出していないところもあるので購入の際は専門家に相談するほうが良いでしょう。

 

絶対に出力を間違えないでポンプを購入する方法

 

排水ポンプの間違わない購入方法は

 

  • 購入前の相談が無料
  • 使用目的に合ったポンプ選定
  • 販売からメンテナンスまでできる
  • 修理やメンテナンスは出張費が無料

 

以上のことができるところから購入することが望ましいと思います。

メーカーやホームセンターなどはメーカー修理が基本ですが、これは来るたびに出張費が必要になります。

排水ポンプの説明書にはメーカーの修理となっていますが、これは特に高く請求されます。

水漏れ業者は排水ポンプの販売から修理やメンテナンスまで任せても安心です。

出張費も請求せず親身にトラブルなどは対処しています。

排水ポンプに不慣れな人も気軽に相談も無料でできます。

 

参照

排水ポンプを購入するべき業者とは?

排水ポンプはホームセンターで購入してはいけない理由

排水ポンプ価格は使用用途に応じて決める

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓