これだけは知っておきたい排水ポンプの選定方法

 

排水ポンプの選定方法は、ポンプのノウハウがある人から購入してもらうことが欠かせません。

排水ポンプは皆同じと考えてはいけないのです。

用途に合った排水ポンプでなければ購入する意味もありません。

 

排水ポンプの種類を知っておこう

 

排水ポンプは水中ポンプと、汲み上げ式のポンプがあります。

どちらを選択するのかは使用者が決めることですが、設置場所が取れないときは水中ポンプが良いでしょう。

汲み上げ式のポンプは排水桝の横に設置するので、基本的には場所を取ります。

 

必要な排水ポンプの揚程高さとは?

 

排水ポンプでは汲み上げる高さが問題になってきます。

排水桝の底から汲み上げる高さを揚程高さと言いますが、これは実際よりやや高めを選ぶことが必要です。

一般家庭の排水ポンプは吐き出し口が2インチ、つまりは40ミリから50ミリの排水ポンプで十分です。

このインチ数などでおよそ8メートル程度は水が上がります。

また排水ポンプも電動とエンジンポンプがありますが、燃費を考えると電動のほうが相当経済的だと思います。

 

参照

電動とエンジン排水ポンプとを徹底比較

 

排水ポンプの汲み上げる高さが排水桝の水面から測ってはいけません。

排水桝の底の所から汲み上げる高さを計測します。

後はその高さまでくみ上げることが可能な排水ポンプを選ぶだけです。

間違いなく排水ポンプの選定をするのは

 

  • 排水桝の底から計測する
  • 汲み上げるところまでの計測する
  • 測った高さの1割高めを選ぶ

 

以上のことができるとほぼ完全といえるでしょう。

排水ポンプは劣化してくると揚程高さが若干落ちてきますが、その分は1割高めを選んでいるので心配ありません。

 

参照

排水ポンプの揚程計算とその目安

 

必要な排水ポンプのインチ数とは?

 

排水ポンプの吐き出し口の口径は上記のように2インチか、つまり40ミリから50ミリあれば良いでしょう。

一般家庭では排水ポンプは自動型が特に優れていますので、使いやすいと思います。

排水ポンプは一般家庭の平均水道使用量は1日1㎥ですが、これくらいであれば排水ポンプは1度ないし2度の起動ですべて賄えます。

排水ポンプの寿命はおおよそ3000時間となっていますが、一般家庭ではこれを元に計算すると20年以上持つころになります。

しかしこの使用年数はきっちりとメンテナンスを施している場合だけです。

 

参照

排水ポンプには4つの種類と3つの型がある

排水ポンプの耐用年数や寿命の目安

故障しないための排水ポンプのメンテナンス

 

自分に合った排水ポンプの価格を知ろう

 

排水ポンプを選定するときに価格を把握することが必要です。

確かに排水ポンプを価格で選定する人が多くいますが、これが後々間違ったことに気づくこともあります。

排水ポンプの価格とは15年以上使うことを考えて選定することが必要です。

目先の価格に翻弄されてはいけないのです。

購入するまでに何度となく考えますが、後のことも考える必要があります。

安い価格で購入する人の排水ポンプの寿命は早いところでは3年で迎えることもあります。

これは専門家の適切なアドバイスがなく購入した場合に多くあります。

排水ポンプが寿命をまっとうしていくら費用がかかったと考えるべきものです。

 

どうしても排水ポンプの選定ができないときは?

 

排水ポンプの選定に自信がない人は遠慮せず水漏れ業者に相談することです。

水漏れ業者は事前相談が無料で安心して聞くことができます。

水漏れ業者は排水ポンプの設置場所等を考えて適切なアドバイスができます。

排水ポンプの選定は、設置現場を見ることから始まるのです。

現場の状況にマッチした排水ポンプを選定してくれるでしょう。

水漏れ業者の良いところは

 

  • 相談は無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまでできる
  • 修理費が安い
  • パーツ代が安い

 

などが費用内容です。

またポンプ以外の水トラブルも早く解決してくれます。

排水ポンプを購入してから相談を受けても遅すぎるのです。

 

参照

排水ポンプを購入するべき業者とは?

アマゾンやモノタロウで排水ポンプ通販購入し失敗する人とは?

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから