排水ポンプ価格は使用用途に応じて決める

 

排水ポンプの価格は使用用途に合ったものであれば良いのであって安くても性能と揚程高さが十分であれば問題ありません。

排水ポンプの機能は若干高めのものを選ぶことが後々得することもあります。

しかし排水ポンプは価格に惑わされると少々危険かもしれません。

 

家庭用排水ポンプは使用用途と性能を間違えてはいけない

 

家庭用排水ポンプは使用目的と性能を間違って購入することはとても危険です。

実際に使う用途も大事ですが、水を汲み上げる高さ(揚程高さ)が問題になってくるのです。

排水ポンプの1番多い間違いが、価格が安いから購入する排水ポンプがミスにつながることです。

ネット通販で購入した人が購入後に実際使いだすと正常に動かないこともあります。

これは価格が決め手になった最悪のケースです。

 

参照

排水ポンプの仕組みと原理や構造を解説

 

排水ポンプで重要な揚程計算

 

排水ポンプは排水桝の水面から測ることは危険で、排水桝の1番低い底から汲み上げる高さまでを慎重に測ることが必要です。

満杯になった水面より当然排水桝の底の部分は低くなっています。

1番低い所から1番高いところまでくみ上げるので、それより1割高い揚程高さが必要になってきます。

排水ポンプの価格はそれほど大幅な違いはありません。

自信のない人は相談が無料の水漏れ業者に1度相談することが間違いを減らす方法かもしれません。

家庭用であれば揚程高さは5から8メートルとして、2インチ100V程度で十分です。

 

参照

排水ポンプの揚程計算とその目安

 

インチ数も間違えてはいけない

 

排水ポンプのインチ数はとても大事なことです。

これを間違うと容量が大きすぎることや小さすぎることになる恐れがあります。

一般の人はこのインチ数ほど理解しにくいことはありません。

インチ数が大きくなると揚程高さも上がり大きいものは30メートルもくみ上げることが可能です。

排水ポンプを選定するときは気軽に相談(無料)できる水漏れ業者に聞くことが良いでしょう。

家庭用であれば2インチ程度が最適です。

 

参照

インチ数を間違えると排水ポンプの性能は発揮できない!

 

排水の容量もマッチさせよう

 

排水ポンプの容量とは出力(KW)と吐き出し口(cm)により表しています。

出力は水中ポンプのパワーを表しますが、大きければ排水をより高くまで上げることができます。

排出口はメーカーによっては口径と呼ぶところもありますが、排水する際の口の直径になります。

これらのことを参考にして選ぶことになりますが、それでも知識のない人は思案することとなります。

その場合は相談が無料の水漏れ業者に参考意見を聞くことも間違った購入をしないためには有効です。

 

参照

排水ポンプの容量をミスなく選ぶ方法

 

ポンプ槽に合った排水ポンプを選ぼう

 

家庭用排水ポンプはポンプ槽のことも考えるべきですが、あまり大きくないポンプ槽であれば1日で何度も排水ポンプは起動します。

排水ポンプの寿命を考えると何度も起動することは極力避けることが肝心です。

一般家庭の水道使用量は1日約1㎥ですからこの排水を1度ないし2度で排水することを考えて排水ポンプを選定します。

排水ポンプが1日に何度となく回ることは避けるほうが劣化の度合いも軽くなってきます。

ポンプ槽は500リットルが一般家庭では理想ですが、これより小さいポンプ槽は1日に3度ほど排水ポンプが起動します。

 

一般家庭での妥当な排水ポンプの価格とは?

 

排水ポンプ家庭用の価格は安いもので2万8千円ほどから高いものは4万円未満で購入することが可能です。

排水ポンプは長く使うものですから当然価格より性能で選ぶことが必要です。

ネット通販は確かに安く購入することができますが、設置等のマイナス面が多々あります。

一般家庭の排水ポンプを価格で決めるから間違いが多く出ています。

排水ポンプを選定するときは相談が無料の水漏れ業者に相談することが間違った購入を避けることができます。

ただ安いから購入した人が後で事前相談が必要だということを思い知ることになります。

 

絶対にミスなく排水ポンプを選ぶ方法

 

排水ポンプをミスなく購入するのは専門業者である水漏れ業者に依頼して排水ポンプの選定をしてもらうことです。

使用する場所も見て排水ポンプを選ぶことで間違いなく購入することが可能になるのです。

水漏れ業者は

 

  • 排水ポンプの販売からメンテナンスもできる
  • 相談と出張費が無料
  • 修理費は安い
  • 排水ポンプの異常時に直ぐに来る

 

となっています。

また排水ポンプ以外の水トラブルもすべて解決してくれます。

 

参照

排水ポンプを購入するべき業者とは?

故障しないための排水ポンプのメンテナンス

排水ポンプの理想的な修理方法

 

ネット通販とホームセンターでは購入してはいけない

 

排水ポンプをネット通販やホームセンターで購入してはいけない理由は設置やアフターフォローができないことです。

これらのところはただ売るだけですので修理などはメーカーをよこすことになります。

メーカーは出張費が1回に最低でも6000円もかかり修理費等を換算するととてつもなく高くなってきます。

購入時に安くて買いやすのですが、購入後に必ず後悔することが多くなります。

購入価格は若干高くはなりますが排水ポンプを長く使うと修理費やメンテナンス費用が余分にかかり購入時の差額はあっという間に消えてしまいます。

水漏れ業者から購入した人は後々が非常に楽で必ず満足してもらえます。

 

参照

アマゾンやモノタロウで排水ポンプ通販購入し失敗する人とは?

排水ポンプはホームセンターで購入してはいけない理由

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから