故障しないための排水ポンプのメンテナンス

 

排水ポンプのメンテナンスは当然しないよりするほうがポンプに良いことは明らかです。

しかし現実にはメンテナンス費用の問題があり、しない人も結構います。

メンテナンスは排水ポンプの寿命を長く持たせる意味もあり必ずしたほうが良いことは事実です。

 

メンテナンスの具体的な内容とは?

 

排水ポンプのメンテナンスは医者の問診と全く同じことです。

メンテナンスとは排水ポンプが正常に駆動しているか調べることです。

専門業者は排水ポンプの異常を見つけ早い段階の修理で、寿命を引き延ばすことを考えて点検します。

メンテナンスは素人では少々無理があるので専門家の点検を受けることになります。

定期的なメンテナンスで排水ポンプの異常がわかるとすぐに対応してくれますが、こうすることが結果的に安くなるのです。

 

メンテナンスで排水ポンプの寿命はどれだけ伸びるのか?

 

排水ポンプの寿命は一般的に7年が寿命という人も多くいます。

寿命はメンテナンスが行き届いていると極端な例では倍の15年は持つと言われています。

確かにメンテナンスを1年に1度していて8年で寿命が来たといった例もあります。

これは機械物の運が悪かったと考えることです。

たいていの人はメンテナンスで寿命が延びるという人が多くいます。

メンテナンスによって吐出し量が一定の状態を長く続けることが可能になり、ひいては寿命が延びることにつながるのです。

 

参照

排水ポンプの耐用年数や寿命の目安

 

最低限の排水ポンプのメンテナンス頻度

 

排水ポンプのメンテナンスは、家族数と使用頻度でも大きく違いが出ることがあります。

新品の排水ポンプなら3人家族であれば3年はメンテナンスも必要ないでしょう。

3年目からは1年に1度から2度のメンテナンスが必要になってきます。

メンテナンスは回数ではなくどれだけ親身になって見てくれるかということになります。

販売店のメンテナンスはただ排水ポンプを見ただけで終了する人もいますが、メンテナンスを理解していない人だと思います。

またメンテナンスは自分でもできることが多くあります。

 

  • 吐出し量の時間を測る
  • モーター音の異音を調べる

 

などのことを調べるだけでも十分効果があります。

異常を感じたら専門業者に依頼すればいいのです。

 

参照

家庭用ポンプのモーター動作の異音を放置していると危険?

 

排水ポンプのメンテナンス費用の相場

 

排水ポンプのメンテナンス費用は業者によりまちまちですが、異常の有無を調べるだけなら5千円未満でしょう。

排水ポンプの異常が発覚すると修理することになりますが、そのときはパーツ代と工賃が余分に必要になってきます。

これも高いところと安いところではかなりの開きがあります。

安く対応してくれるところを探すことはネットでも可能です。

 

相場よりも高いメンテナンスの見積もりは危険?

 

排水ポンプのメンテナンス代が異常に高いところではやってはいけません。

メンテナンス代が高いところは修理代も高くつき危険極まりないのです。

メンテナンス代が安いところは修理費も安くなることは間違いありません。

一般にメンテナンス費用が高いところは

 

  • メーカー
  • 販売店

 

などが考えられます。

どちらも出張費がかかることで余計に高くなるのです。

メンテナンスは出張費のかからないところで見積もりを取ることをお勧めします。

メンテナンスとははじめから終わりまで費用が同じになることが多いのです。

来るたびに違う料金を請求されることは異常です。

メンテナンスの内容とは現在の排水ポンプの状態を見ることが本来の仕事です。

異常があれば処置をしますが、そのときは交換パーツ代と工賃が加算される仕組みになっています。

見るだけで何もしていないのに費用が変わる業者はとても悪質です。

 

新築購入時のメンテナンス契約は危険?

 

新築購入時のメンテナンスはどうしても当初に排水ポンプをつけた業者のメンテナンス費用が前面に出てきます。

メンテナンス費用は1回で6万円もすること自体不自然と言わざるを得ませんが、この場合業者の選定からする必要があります。

メンテナンスとはその時点の排水ポンプの状態を見ることが本来のメンテナンスです。

その費用が6万円もかかるはずがありません。

メンテナンス費用は1回5千円ほどで収まると思います。

点検後に異常がみられると交換パーツ代と工賃が加算されるだけで済むはずです。

メンテナンス専門業者の選定は見積もりを取ってやり直すことが必要です。

 

信頼できる排水ポンプの購入とメンテナンス業者とは?

 

排水ポンプのメンテナンスを安くする業者は水漏れ業者だと思います。

 

メンテナンスの費用が高い順に列挙すると

 

  • メーカー    出張費が余分にかかる
  • 販売店     販売が目的でメンテナンス費用が高い
  • ホームセンター メンテナンスは業者を呼ぶので高くなる
  • 水漏れ業者   出張費もかからず修理費も安い

 

以上のようなメンテナンス費用が高い順ですが、メンテナンスなどは近くからすぐに来る業者が1番良いと考えます。

水漏れ業者は排水ポンプの相談から販売や修理まで任せて安心できる業者さんです。

ポンプ以外の水対策にも安心して任せることができると確信しています。

 

参照

排水ポンプを購入するべき業者とは?

排水ポンプの理想的な修理方法

排水ポンプはホームセンターで購入してはいけない理由

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから