排水ポンプの理想的な修理方法

 

排水ポンプが他のポンプとは大きく違うところは、異物まで吸い上げることです。

家庭用の井戸ポンプと大きく違うところは、泥水や汚水を汲み上がることで故障が非常に多くなることです。

頼りになるのが修理業者ですが、修理代が高いのもネックになっています。

 

排水ポンプが故障する原因

 

排水ポンプはほとんど水の中で使用しますが、目が届かないことでいろいろな故障が生じます。

排水ポンプの故障の多くは

 

  • 吸い込み口に異物が詰まる
  • インペラ(羽根車)が異物で損傷する
  • 水中ケーブルを噛み込んでしまう
  • 水圧計の損傷

 

というようなものです。

使用目的にも関係していますが、特に異物が多い汚水はインペラの損傷が多くなってきます。

修理費を気にしないのであれば元の状態の戻すこともできますが、あまりに高い修理費用をかけることは考えるべきでしょう。

 

参照

排水ポンプ圧力計が故障すれば寿命?

 

排水ポンプを修理か買い替えかの判断基準

 

排水ポンプは修理することで元の状態に戻すことはできます。

しかし意外と排水ポンプの修理費が高くなってきますが、あまりに高いときは修理するか、買い替えるか思案のしどころです。

排水ポンプの価格は4万円ほどから販売されていますが、5年ほど使った排水ポンプの修理費が購入価格の50パーセントほどかかるのであれば買い替えましょう。

排水ポンプの寿命は一般的に7年から10年といわれています。

5年も使った排水ポンプに多額の修理費をかけてまですることは無駄のように感じます。

 

参照

排水ポンプの耐用年数や寿命の目安

 

排水ポンプのフルメンテナンスは高額で危険

 

排水ポンプのフルメンテナンスは当然高額になるのでやめることが良いでしょう。

排水ポンプをパーツごとに取り寄せて組み立てると新品の倍以上の価格になります。

ということはフルメンテナンスが危険すぎると考えても間違いではありません。

メンテナンスとは1年に1度くらの頻度で点検することが最も良い方法ですが、これをしているところはほとんどありません。

それは排水ポンプ自体がそれほど高くないこともあるでしょう。

修理する前に専門家に相談しておおよその修理費用を聞きだし、フルメンテナンスが良いのか買い替えが良いのか判断することです。

 

排水ポンプを安く買い替えるなら

 

排水ポンプの購入価格は販売する会社で大きく違うこともあります。

1番良い方法は使用目的にあった排水ポンプを購入することですが、それには相談する相手の専門家が必要になってきます。

販売店などは売ることを目的にしている関係もありますが、それほど排水ポンプの知識がないように感じます。

排水ポンプの正しい購入方法はいろいろな条件をクリアしている商品を買うことです。

それには相談から修理やメンテナンスまでしてくれるところが1番良いということになります。

販売店は価格が高いこともありますが、それ以上に修理代がもっと高くつきます。

その点、水漏れ業者は排水ポンプの販売から修理やメンテナンスもやってくれるので非常にメリットがあります。

また最大のメリットは購入前の相談に乗ってくれることです。

それでいて修理やメンテナンスまで安くしてくれることもアドバンテージになっています。

 

参照

排水ポンプを購入するべき業者とは?

 

排水ポンプを安く修理する方法

 

排水ポンプの修理はどこが1番安いかということになってきます。

販売店は売ることを主体にしていますので修理は専門業者を入れることになります。

そうすると当然マージンも2つの業者分になってきますので高くなります。

メーカーの代理店は修理もできるのですが、出張費も取ります。

しかし水漏れ業者は排水ポンプの販売から始まり修理やメンテナンスもすべて1つの業者でやってくれます。

結果的に出張費もかからず修理も安くなってくるのです。

もう一つ良いところは修理依頼するとすぐに駆けつけてくれるところと思います。

メーカーや販売店は後日になることが多く急ぐときには間に合いません。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

排水ポンプはメーカーで修理してはいけない

 

排水ポンプをメーカーに修理依頼することは危険です。

それは排水ポンプをメーカーまで送料負担で送ることになるからです。

排水ポンプを修理して送り返すときは着払いで送り帰すことになり送料だけでも相当な金額になってきます。

近くにメーカーの代理店があっても修理代が高く修理が終わってから配達するまで費用もかかってきます。

本来メーカーは排水ポンプを作るのが仕事ですが、販売を拡大するがために代理店契約をしています。

代理店はそのために修理依頼を受けるだけでマージンを取るから当然高くなるのです。

ただ1つ安心できるのが修理は作ったところが1番良いことは事実です。

 

自分でできる排水ポンプのメンテナンス

 

工事現場では使用後はそのままほっておくのですが、それでは排水ポンプの寿命を早める結果になってしまいます。

排水ポンプを長く使うコツは、使用後に排水ポンプに綺麗な水を吸い込ませることです。

機械物の使用後はできる範囲の洗浄やメンテナンスが必要です。

こうすることで排水ポンプの中には異物が入っていない状態になり長く使えるようになります。

排水ポンプは特に劣化させる泥水や汚水を吸い込むことになりますが、ポンプを止めた状態では異物が入ったままの状態です。

綺麗な水を吸い込むことだけでも少なくても3年は長く使えるでしょう。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

24時間、365日対応の水道1番館です。
見積もり無料で費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。
↓↓↓↓