洗濯機の排水口にホースをつなぐパーツがついていないことは賃貸住宅に多いです。

パーツがないのは先の入居者が引越し時にパーツをホースにつけたまま引っ越すからです。

 

引越ししたときに洗濯機の排水口のL字の部品がない!対処法とは?

 

引越しした家に排水エルボがついているのが普通ですが、ついていない場合も多くあります。

排水エルボは排水ホースの先端につけますが、先の住人がエルボもつけたまま持ち去ったと考えられます。

排水エルボがついていないときは以下のようにしましょう。

 

  • 排水口と排水ホースのサイズを計る
  • ホームセンターで同じサイズを探す
  • 目皿パックごと変える
  • 排水金具とエルボのセットが無難

 

排水口の目皿が邪魔になるけケースもあるのでエルボを選択するときは、目皿のサイズも計測しておくと多様な結論が出るでしょう。

エルボがなくても排水は可能ですが、網目の目皿はサイズ違いの場合目皿を切り取り大きいサイズに上げることも可能です。

 

洗濯機の排水口の部品を洗ったときに戻せなくならないように注意しよう

 

洗濯機の排水ホースを差し込む排水口は掃除するために分解すると、外した手順を把握しておきましょう。

排水口の目皿は水漏れの原因になることも多く、様々な工夫で水漏れに対応しています。

排水口の目皿は以下のような役目があります。

 

  • 洗濯機の水漏れは目皿から流れ出る
  • 排水ホースが外れても目皿を通って流れ出る
  • 目皿にはホコリや汚れがつきやすい
  • 目皿を外すときは順序を間違わず戻す
  • 目皿がなくても排水は可能

 

排水口の目皿の下にはトラップがついているケースが多くありますが、トラップは悪臭対策になくてはならないのです。

トラップには以下のような汚れが付着します。

 

  • 糸屑
  • 髪の毛
  • ホコリ

 

このような異物が詰まり水の流れが落ちますが、ときどき掃除して綺麗にすることは最低限必要です。

しかし目皿を外す場合は順序を間違わないように注意しましょう。

 

参照

洗濯機排水口にトラップをつけるメリットは臭い予防?

 

洗濯機のホースを排水口にそのまま差し込むと危険?正常にする方法とは?

 

洗濯機のホースを排水口に直接入れるのは危険です。

排水すると水圧でホースが動き排水口から飛び出すこともあります。

洗濯機の排水口は排水ホースにサイズの合った排水エルボを差し込むと水の勢いでは抜けることがありません。

排水ホースを直接排水口に入れると以下のようなことが起きることもあります。

 

  • 水圧でホースが抜ける
  • フローリングが水浸しになる
  • フローリングが膨れ上がる
  • フローリングの張り替え
  • 床下にシロアリがわく
  • 防虫駆除が必要になる

 

水漏れが頻繁になるとこのような結果になることもあります。

洗濯機の水漏れは笑って済ませられることではないのです。

頻繁に水漏れが起きると以下のような費用がかかってきます。

 

  • フローリングの張り替え 3万円
  • シロアリ駆除費     5万円

 

この費用な注意していれば必要ないのですが、水漏れはふとした不注意から起きるといっても良いでしょう。

先のことを真剣に考え転ばぬ先の杖で、排水口の不安を取り除くことは賢明な考えです。

 

参照

洗濯機水漏れとフローリングの漏れにくさランキング

 

排水口のエルボをつけるポイント

 

排水口にエルボをつけるポイントは排水口と排水ホースに大きくかかわってきます。

エルボの片方は排水ホースに合わせもう一方は排水口に合わせることがポイントとなります。

排水口とエルボのサイズが合わないと以下のようなことが起きるでしょう。

 

  • エルボが排水口から抜ける
  • 排水するたびに異音が出る
  • エルボの先端が短いと抜ける確率が高い
  • サイズが合っていると排水しても抜けない

 

エルボをつけたから水漏れが起きないという保証はありません。

問題はいかにサイズを合わせるかで、サイズが合っていると先端が短くても抜けることはないでしょう。

 

洗濯機の排水口の部品については水漏れ業者を呼ぶほど大げさ?

 

洗濯機の排水の部品は素人が購入するとサイズ間違いが多くあります。

確かに水漏れ業者なら間違いはないのですが、たったこれだけで業者を呼ぶのは余分な費用がかかります。

洗濯機の排水を排水口に間違いなく接続するのは以下のようにしましょう。

 

  • 自信があれば自分でする
  • エルボのサイズはホース側と排水口が決め手
  • ホームセンターでエルボを買う
  • サイズ違いを想定して領収書は取っておく
  • 自信がないときは業者に依頼する

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

洗濯機の排水に関していい加減なことでは取り返しがつきません。

水漏れの大半は洗濯機からですが、いったん水漏れが起きるとまた必ず起きるといっても良いでしょう。

水漏れの修理は床の張り替えやシロアリ駆除など広範囲に及ぶこともありより慎重にエルボを取りつけましょう。

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから