洗濯機の排水ホースが水漏れの原因になることが多く、神経を使うことになります。

排水ホースは洗濯機を購入した時点で、洗濯槽と排水ホースは接続されていますが、排水溝にホースの先端を入れる方法を間違うと水漏れが起きています。

 

洗濯機の排水ホースの接続は排水口とのサイズを合わせる

 

洗濯機の排水ホースが排水口に入りきらないケースでは、排水口にトラップがついている可能性があります。

この場合は排水ホースの先端に排水エルボと排水金具がセットになっている物を取りつけて使いましょう。

排水ホースの先端が排水溝より小さい時は以下のようにしましょう。

 

  • 排水口に合うまでテープを巻く
  • 排水エルボのサイズを変える
  • 排水口の隙間はゴムパッキンで埋める
  • 排水エルボを固定できる排水口金具に変える
  • エルボ固定式金具に変える
  • 排水エルボの上に重りをのせる

 

排水ホースのエルボはサイズが豊富にありぴったり合うサイズをつけるのが1番良い方法です。

見た目を気にしなければ排水圧で外れないようにするのはエルボを重りで抑える方法もあります。

排水溝のホースを固定するのは通販でも販売していますが、排水溝金具とエルボが一体になっている物もあります。

 

洗濯機の排水ホースの固定は排水口の金具かエルボを交換するべき

 

洗濯機の排水ホースを固定すると水漏れが起こらなくなりますが、排水ホースの取りつけは様々な方法があります。

1番シンプルなつけ方は排水口と排水ホースのサイズが合っていると、ただ差し込むだけで良い場合があります。

しかし排水口のサイズもまちまちの場合はそれに対応する方法を見つけましょう。

排水ホースから水漏れを起こさない取り付け方は以下の方法があります。

 

  • 排水金具と一体型のエルボがある(ホース固定のバンド付き)
  • 排水金具の先端はゴム製でしっかり収まる
  • 水漏れはほぼ解消される
  • 掃除するときは金具ごと抜き取る

 

排水ホースの先端にエルボをつける人が多いですが、エルボをつけたから水漏れが起きないとは断定できません。

エルボ固定型の排水金具は排水口とわずかなサイズ違いはゴムでできているので少し力を入れると簡単に収まります。

 

参照

洗濯機の排水漏れで水浸し、その原因と解決方法

 

洗濯機のホースバンドを壊したときにテープの仮止めで水漏れしない?

 

洗濯機の排水ホースは左右どちらにでもつけられますが、ホースの接続はより慎重にしましょう。

排水ホースの取り付はホースバンドでしっかり閉めることが水漏れをなくす方法です。

排水ホースからの水漏れが洗濯機には1番多くメーカーによってはホースが外せなくなっています。

排水ホースを洗濯機の排水口につけるときは以下のようにしましょう。

 

  • 排水ホースが抜けることを確認する
  • メーカーは接着剤で接合していることもある
  • 付け替えは金属バンドで固定する
  • ホースが入ることを確認してから接着剤で止める

 

排水ホースを何気なくつけると後々水漏れが起きても不思議ではありません。

排水ホースは特に注意することが肝要ですが、排水口に差し込む先端の取り付も重要なことです。

洗濯機から水漏れが起きて下の階まで迷惑をかける事例は数多くあります。

排水ホースの取り付は信頼できる専門業者に依頼するほうが安心できるでしょう。

 

排水口が合わないときには排水金具を交換しよう

 

賃貸住宅の洗濯機の排水口が近年ほぼ統一されて排水ホースが入るようになっています。

しかし過去に立った賃貸住宅は排水口のサイズが不揃いでサイズ違いのケースが多くあります。

このような時は以下のようにして解決しましょう。

 

  • 排水ホースが入る金具に変える
  • 排水金具はエルボと一体型もある
  • ゴム製で排水口に入れるのは簡単
  • 排水口サイズは排水管の太さまで調整できる

 

排水口の金具は排水ホースが入るサイズではなりませんが、あまりにも細い場合はエルボの工夫が必要です。

エルボも様々な口径があり排水ホースと排水管に合うサイズを探しましょう。

 

参照

洗濯機に排水エルボがないときのデメリットと後付の方法

 

排水口にやや力を入れれば排水ホースが入るのは危険?理想的?

 

排水口のサイズは通常排水ホースは入るのですが、排水金具とセットになっている口径サイズを調べて探しましょう。

排水口が小さいときは多少の力で入るのはベストですが、無理に差し込むのは危険です。

排水エルボは排水口に差し込むところがほとんど樹脂製できついときは無理をしてはいけません。

排水エルボは以下のような種類があります。

 

  • 白系の差し込むタイプ
  • 透明のプラスチックタイプ
  • 黒いゴムタイプ
  • 床に直接接続するタイプ

 

以上の4種類がありますが、住宅によっては直接排水口に差し込む必要があるケースもあります。

この場合はホースが抜けないようにホースを差し込んでから粘土質のパテでホースが水圧で暴れないようにしなければいけません。

 

参照

洗濯機の排水臭いをパテ止めで解消できないケースとは?

 

しかしこの状態で洗濯機を使い続けるのは危険で、定期的に水漏れがないか点検が必要になります。