洗濯機の給水用電磁弁や排水用電磁弁が正常に作動しなくなると、給排水が止まらなくなるのは電磁弁に不都合が起きています。

これらの故障は修理が必要になりますが、メーカーを呼ぶ前に1度コンセントを抜いて再始動させましょう。

 

洗濯機の洗濯槽に水がたまらない!その原因とは?

 

洗濯機に給水しても洗濯槽に水が溜まらないのは排水の電磁弁に支障が出ている可能性があります。

洗濯槽に水が溜まらないのは以下のようなことが考えられます。

 

  • 排水用電磁弁に異物が混入している
  • 操作基板の不都合
  • コントロール基板と電磁弁の配線不備
  • 排水用電磁弁の故障

 

洗濯槽の水が設定量たまらないのは、排水用電磁弁に不都合が起きていることが考えられます。

この修理はメーカーに依頼するのですが、洗濯機の使用年数を調べましょう。

修理費が高くつくので洗濯機を7年以上使っているか見極めることも必要になってきます。

 

洗濯槽に水が止まらない、たまらないは買い替えが必要?

 

洗濯槽に水が溜まらないときは故障の原因を調べることも必要ですが、もっと大切なことは使用年数が重要なカギになります。

洗濯機のメーカー修理は以下のような金額になります。

 

コントロール基板交換修理

  • 全自動洗濯機    12000円~15000円
  • 全自動洗濯乾燥機  14000円~40000円
  • ドラム式洗濯乾燥機 19000円~24000円

 

給水排水弁交換修理

  • 全自動洗濯機    10000円~14000円
  • 全自動洗濯乾燥機  10000円~16000円
  • ドラム式洗濯乾燥機 12000円~15000円

 

この金額はある電機メーカーの修理費ですが、メーカーにより多少の違いはあるでしょう。

修理金額の内訳はパーツ代、技術料を合算したものですが、これ以外にメーカー独自の出張費も請求されます。

洗濯機の故障はこのような金額がかかりますが、洗濯機は使用年数を考え修理か買い替えるか判断しなければいけません。

 

洗濯槽の指定した水位で水が止まらない!買い替えしかない?

 

洗濯機が指定水量で水が止まらないのはいくつかの原因が考えられます。

洗濯機も7年を過ぎる頃からこのような故障が出ることが多くなります。

洗濯槽の水が止まらないのは以下のようなことが考えられます。

 

  • 給水用電磁弁の不都合
  • 操作パネルの不都合
  • 配線の不都合

 

これらの原因が考えられますが、給水が止まらない時は早急に対処しましょう。

給水が設定水位で止まらないと洗濯槽からオバーフローしてフローリング上にあふれるとフローリングまで張り替え工事が必要になります。

大事の前の小事で収めるほうが費用的には安く済むでしょう。

 

参照

洗濯機水漏れとフローリングの漏れにくさランキング

 

洗濯槽の水が排水できない?どこの故障?

 

使用後7年目の洗濯機が排水できないときはどこが悪くなっているか突き止められると修理費は安くなります。

洗濯機が正常に排水できないのは以下のようなことが考えられます。

 

  • 排水用電磁弁の不都合
  • 排水電磁弁に異物の混入
  • コントロール基板の不都合
  • 基板と排水電磁弁の配線不備

 

排水に異常が発生すると修理をする人が多いのですが、それ自体間違っていませんが本当は使用年数を考えましょう。

洗濯機に限らず電気機器は7年を過ぎる頃から故障の頻度は高くなります。

メーカーの出張修理が高いので修理するくらいなら買い替えるのも選択肢です。

 

乾燥機付き洗濯機で乾燥後にまだ給水が止まらない?その原因は?

 

自動乾燥機付き洗濯機が乾燥後に給水が始まるのは明らかに異常が発生していると考えられます。

洗濯機も様々な機能がついていますが、機能が多くなるほど故障の原因になることも多くあります。

洗濯機が乾燥後に給水になるのは以下のようなことが考えられます。

 

  • 洗濯機の使用年数
  • 給水弁の不都合
  • コントロール基板の不都合
  • 基板と給水電磁弁の配線不備
  • 水道圧の異常

 

洗濯機を過去5年間使ってもこのようなことが起きなかったのに、使用年数が増すごとに給水が止まらなくなるのは水道水の圧力が高い可能性もあります。

一般家庭に供給される水圧が高いと使用年数で給水弁が正常に機能しないことも考えられます。

洗濯機にこれといった異常がない場合は、水道局に水圧検査を求めるのも正しい選択です。

 

洗濯機が自動で止まらない!大きな振動は何が原因?

 

洗濯機が自動で止まらないのはコントロール基板が正常に作動していないことも考えられます。

洗濯機に大量の洗濯物を入れると洗濯機が新しいときは何とか動きますが、古くなると洗濯槽の軸が変形して振動が起きます。

洗濯機が大きく振動が起きるのは以下のようなことが考えられます。

 

  • 洗濯機の容量を超えている洗濯物
  • 洗濯物の片寄
  • 洗濯槽の軸が変形している
  • 振動と異音が出る
  • 少ない洗濯物の時は正常に動く

 

参照

洗濯機水漏れの原因は入れすぎがほとんど?

洗濯機水漏れで寿命かどうかの判断基準

 

このような症状は洗濯槽の軸と、軸を固定するベアリングに損傷が起きている可能性があります。

この故障の修理は洗濯槽の交換しかありませんが、保証期間が過ぎていると買い替えるほうが安くなります。

保証期間内であればメーカーは洗濯槽を入れ替えるはずです。