洗濯機排水リフォームの費用相場とおすすめの業者

 

洗濯機の排水リフォームは工事に入る業者の数によって大きく変わります。

リフォームは単独業者の工事であれば新しく機器を購入する金額に後は手間賃だけです。

排水溝のリフォームは新しく排水管を設置する場合は水道工事だけで済みます。

 

洗濯機の排水リフォームの費用相場はどの程度?

 

洗濯機の排水リフォームは水道屋さんだけで工事ができますから、水道屋の手間賃だけで後は必要な機器の価格をプラスするだけです。

洗濯機置き場を新しく2階に設置する場合は、リフォーム費用ばかり考えると水漏れしたときは大変です。

最低限洗濯機置き場は防水工事も必要ですが、この費用はある程度かかると思います。

しかし費用がかかっても1度水漏れするとそれ以上の修理代がかかるので、はじめから対処するほうが結果的に安くなるでしょう。

2階に洗濯機を設置する場合はよほどしっかり水漏れ対策をしなくてはいけません。

 

参照

階下への水漏れに見るベストな洗濯機の設置場所

 

水漏れが起きて下の階に被害が出た場合は、50万円くらいは簡単にかかるでしょう。

2階に洗濯機置き場を設置する費用は

 

  • 水道業者の工賃  2万円
  • 給排水工事    1.5万円
  • 防水工事     2万円
  • 雑費       1万円

 

などがかかると思います。

これ以上安くする業者は水漏れを全く考えない業者と思います。

 

洗濯機の排水リフォームはどの業者が適切?

 

中古の住宅を購入して洗濯機の排水に不都合がありリフォームする場合、どこの業者が最適かというとそれは水漏れ業者でしょう。

家のリフォームはなぜ高くなるかと言いますと

 

  • 工事を請け負った業者
  • 実際工事をする業者
  • 水道業者
  • 必要な機器(配管、蛇口等)

 

このような業者が工事に入りますが、結果的にどの業者も自社の利益(マージン)を取るので高くなってくるのです。

しかし水漏れ業者は

 

  • 水道業者
  • 必要な機器は自社でそろえる

 

以上のようなことで仲介業者を少なくできるので安くできるのです。

家の修復は業者の数を減らすことができると相当安くできます。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

 

洗濯機排水のリフォームで口径を小さくするのは危険?

 

洗濯機の排水溝の口径サイズは、小さいより大きいほうがいいのは当然ですが、マンションでは口径を変える場合は無理があります。

マンションの配管は下の階の天井裏にある場合が多いです。

配管の口径を変える場合は下の階に事前に相談するのですが、ほとんど拒否されます。

マンションは洗濯機の排水管とお風呂の配管が同一配管にしていますが、洗濯機の排水で水漏れするのは排水管の詰まりが考えられます。

排水管を変えず従来の使用で使う場合は排水管の洗浄と防水パンの設置が最低限の対処方法です。

 

参照

洗濯機水漏れで防水パンにあまり効果がない理由

洗濯機排水管の臭いを工事なしで解決する方法

解説!洗濯機排水溝を徹底的に掃除する方法

 

リフォーム失敗で詰まりが出て排水口からゴボゴボと音がするようになる?

 

住宅をリフォームしてお風呂と洗濯機の排水をジョイントでつなぐのは自然ですが、排水してゴボゴボと音がするのは異常です。

マンションの縦管は鋼管(鉄管)で構成されていますが縦管までの配管を塩ビ配管に変えたら接合部の異常があるでしょう。

マンションなどは長く空き家になっている場足、配管の接続部に錆が発生して水の流れが悪くなっていると考えられます。

配管に錆が発生していると高圧洗浄では解決しないでしょう。

リフォームを受けた業者は排水管を塩ビ鋼管に変えたときに接続部の錆を取ることがリフォーム業者の仕事です。

排水がスムースにできないのは大きな手落ちと思います。

ユニットバスを取り除き排水管の点検も今後必要でしょう。

 

リフォーム後に防水パンは設置しないのが最近の流行?

 

洗面所のリフォームで水漏れ対策を考えないリフォーム業者は失格です。

水漏れが多発していることを考えれば当然の処置ですが、仕事がしにくくなるので防水パンを設置しないのはミスとしか言えません。

賃貸住宅でも最近は

 

  • チャンバー設置
  • 防水パン設置
  • ワントラップ排水設置

 

などが主流です。

 

参照

洗濯機の排水チャンバーの役割と撤去方法

洗濯機排水口にトラップをつけるメリットは臭い予防?

 

これがすべて住む人のことを考えて行っていますが、それを否定するのはリフォーム業者の怠慢です。

リフォーム後に水漏れが起こったときは業者にクレームを付けて改善させるべきです。

リフォームはどこでやっても同じという考えを改める必要がありますが、安く快適にリフォームできるのは水漏れ業者しかないでしょう。

水漏れ業者は

 

  • 相談が無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまで
  • 水まわりリフォーム
  • 修理費を安く設定

 

などが主な業務内容です。