洗濯機排水ホースの詰まりと掃除方法

 

洗濯機の排水ホースは詰まりを少なくすることが不可欠ですが、それには直線的に排水することを考えましょう。

洗濯機のすぐ横に排水溝がある場合は排水ホースが長すぎます。

この場合排水ホースは幾重にも曲がるのですが、このような場合は排水ホースを短くすることも良いでしょう。

 

排水エラーではまず排水ホースから排水されているか確認しよう

 

排水エラーで洗濯機が止まることは時々ありますが、このときには洗濯槽に排水が残っています。

排水エラーをなくするのは

 

  • 排水ホースを直線的にする
  • 排水溝の洗浄
  • 排水管の洗浄

 

などは効果があります。

洗濯機は排水時間が決められているため制限時間内に排水が出来ないと排水エラーの表示が出ます。

排水エラーが出ると考えられるのは排水管内部が狭くなっていると思って間違いありません。

お風呂の排水溝に洗面器の水を流すと排水溝が小さいため一気に流れません。

全てが流れ出るのに時間がかかりますが、洗濯機の排水溝がこのようになっていると思います。

排水に時間がかかりすぎると洗濯槽や排水ホース内に排水が残るようになっています。

 

参照

洗濯機排水エラーの原因と解決方法

洗濯機排水を風呂や浴室に流し綺麗に維持する方法

 

排水ホースの詰まりの原因とは?

 

排水ホースや排水管の詰りは従来掃除などをしていませんが、不精な人ほどこのようになる場合が多くあります。

家庭の主婦は見えているところはこまめに掃除をしますが排水管などは見えていないので汚れていることが想像できないのでしょう。

洗濯機の排水ホースや排水管は想像以上に汚れています。

排水ホースが折れ曲がっていると水の流れが悪くなり糸くずや髪の毛が排水ホース内にこびりついています。

排水ホースに汚れが付着していると当然排水の流れも悪くなり排水管も相当汚れているでしょう。

排水管の洗浄は

 

  • パイプユニッシュ
  • 塩素系洗浄剤
  • 酸素系漂白剤

 

などがありますが、中でも酸素系漂白剤は糸屑も髪の毛もすべて溶かして流してしまいます。

何度も洗浄剤で洗浄するより酸素系漂白剤で洗浄して見ましょう。

この酸素系漂白剤はプロの掃除屋さんが使っている洗浄剤です。

 

参照

解説!洗濯機排水溝を徹底的に掃除する方法

洗濯機排水管の臭いを工事なしで解決する方法

 

排水ホースを掃除する方法

 

排水ホースの内部掃除は、ホースの先端を閉じて洗濯槽に洗剤を入れて流せば排水ホース内に洗浄剤が残ります。

ある程度時間が経過してから排水すればホース内部は綺麗になります。

排水ホースの外側は車の洗車ブラシで洗剤を付けてこすればきれいになりますが、ある程度時間が経過してから洗い流します。

排水ホースを外して洗浄剤につけるのが1番いいのですが、これは手間もかかるし付けるときに苦労するでしょう。

排水ホースは付けたままでもやり方次第で綺麗になりますが、間違っても一般の人は排水ホースを外さないようにしましょう。

これは一度外すと排水ホースをつけ直すのが結構難しいからです。

排水ホースの内部掃除は

 

  • 塩素系洗浄剤
  • 酸素系漂白剤

 

などが1番効果的でしょう。

排水ホースの外部は

 

  • 酸素系漂白剤
  • お酢を薄めて塗る

 

お酢の力は想像では考えられないくらい効果がありますが、家の柱などはお酢で拭くと真っ白になります。

お酢は拭くだけでも汚れを浮かし取り除くことができますが、これはプロの家のクリーニング屋さんも使っています。

 

排水ホース掃除か交換か?

 

排水ホースの掃除は使用年数を考えて掃除しましょう。

排水ホースは5年を過ぎる頃から劣化が激しくなりますが、5年を過ぎてから強くこすると破れることもあります。

掃除する場合は柔らかいもので拭くのですが、間違っても固いものなどでこすることはやめましょう。

洗濯機の寿命は10年から15年といいますが、長い人は20年以上使っています。

排水ホースは8年ほど使うと排水ホースは交換したほうが良いでしょう。

特に屋内で洗濯機を使う場合は余計慎重に使うことが欠かせません。

排水ホースは劣化してくるとジャバラも固くなりますが、こうなると曲げることは致命傷です。

排水ホースは水漏れにつながるので早い目に交換することを検討しましょう。

洗濯機の排水ホースの交換は器用な人だと自分でもできます。

ただし自信がない場合には水漏れ業者に依頼しても良いと思います。

 

参照

洗濯機水漏れで寿命かどうかの判断基準

信頼できる水漏れ業者の選び方