洗濯機排水口にトラップをつけるメリットは臭い予防?

 

洗濯機の排水講にトラップをつけた場合、下水管の悪臭は遮断できます。

しかし排水講にトラップをつけると洗濯機の排水の流れは少々窮屈になります。

排水講の口径サイズは多少違いがあっても約50ミリです。

トラップをつけると排水の道が半分は狭まると考えて良いでしょう。

 

洗濯機排水溝のトラップは臭い対策にベスト?

 

洗濯機の排水講のトラップは確かに悪臭を遮断するのには適しています。

しかし良いことがあるということは裏返しの要素も含まれるのです。

排水管の口径はおおよそ50ミリですが、トラップをつけない場合は水量の道も50ミリです。

トラップをつけた場合はおおよそ半分にまで水量は落ちてきます。

トラップをつけることで水量が半分まで落ちて汚れが付くと水漏れがたびたび起きるようになります。

賃貸住宅ではトラップをつけていないのが普通ですが、当然オーナーは水漏れを起こさないための手段でもあるのです。

 

洗濯機のトラップは害虫対策にもなる

 

洗濯機の排水ホースから虫が入ってくることは確かにあります。

それでも排水口とホースとの隙間を粘土質のパテで閉じることで建物内には入ってきません。

これ以外の虫対策は排水管に封水をつけることですが、販売されているトラップはつけなくて虫と悪臭を撃退する方法があります。

それは一戸建てであれば床下配管にU字もしくはS字の配管に変えることです。

マンションなど床下がない場合は防水バンの下にトラップを付けることですが、トラップのサイズを間違えないようにすることです。

 

参照

解説!洗濯機の排水から虫やゴキブリが家の中に入る予防方法

 

ワントラップ方式だと水漏れの原因となる理由とは?

 

洗濯機の排水溝になぜトラップが付いていないかを考えましょう。

ワントラップというパーツは臭いを止めることができますが、その分水量が当然落ちるのです。

水量が落ちるからマンションのオーナーはワントラップをつけていないのです。

ワントラップをつけることで入居者のクレームは確かになくなるでしょうが、その分余計に排水溝からの水漏れが起きることにつながります。

オーナーさんは水漏れが起きることを極端に嫌っていますが、その結果トラップはつけていないのです。

台所のシンクなどで水を流す程度であればトラップは問題なく稼働しますが、大量に水を流すと流れ出るまでかなり時間がかかります。

洗濯機の排水口にトラップをつけるということは水量に合っていないので水漏れを覚悟しなくてはいけません。

ワントラップは洗濯機から通常流れ出る水の量は約半分ほどになるのです。

流れ出ない水は当然排水講から流れ出るようになる構造なのです。

 

洗濯機の排水溝のトラップ以外の臭い対策とは?

 

洗濯機の排水溝にトラップがつけられない状態のときはとりあえず臭いの道を遮断しましょう。

ホームセンターなどで販売している粘土質のパテで排水溝と排水ホースの隙間を埋めることでほとんど悪臭は遮断することも可能です。

もしくは洗濯が終了するたびに排水溝からホースを抜き排水溝に蓋をすることも対策としては有効です。

また一戸建ての場合は水回り関係のある外には排水桝(会所)が設置しています。

排水桝と洗濯機の配管にトラップをつけることも可能です。

この場合確かに排水桝の横につけると洗濯機の排水口からはわずかですが臭いはあると思います。

これは排水管の臭いの逆流ですが、洗浄剤でカバーすることも可能です。

 

参照

徹底解説!洗濯機排水溝の詰まりから来る臭いの解決方法

 

洗濯機の排水トラップを掃除する方法

 

洗濯機のトラップ排水は1番警戒することは水垢のぬめりが糸くずをトラップ内部に付きやすすることです。

何度か洗濯する上でトラップ内は糸屑が大量に付着することもあります。

その場合は

 

  • 塩素系洗剤で水垢の除去する
  • 酸素系漂白剤で除去する

 

といった方法がありますが、漂白剤はすぐには汚れが落ちないのでトラップに洗剤を貯めて置くことがとても有効です。

ただトラップ本体は流量も少なくなりますが、その分汚れも付着しやすいと考えてこまめに掃除をすることが寛容です。

 

参照

洗濯機水漏れの最大の原因は糸くず?

 

トラップを分解して掃除してもまだ臭いがする場合の原因とは?

 

このようなケースではトラップの封水が切れていると考えられます。

トラップ自体の役目は悪臭と虫の流入を止めるためのものです。

にもかかわらず悪臭がするのはトラップの役目をしていないと考えるのが正解でしょう。

早急にトラップの交換が必要になりますが、それにはすぐに来てくれる水漏れ業者が良いでしょう。

水漏れ業者は

 

  • 相談が無料
  • 出張費が無料
  • 販売からメンテナンスまでしている
  • 修理を安く設定している

 

などが主な内容です。

洗濯機のトラップが正常に働いていないときも相談に乗ってくれます。

 

参照

信頼できる水漏れ業者の選び方

<スポンサード リンク>


信頼できる水トラブルサービス

水の救急サポートセンター


家の水回りの修理、リフォーム、排水管、家庭用ポンプや排水・汚水ポンプや大型・共同住宅用のポンプの設置にも対応してくれます。
費用もリーズナブルで、技術力にも定評があります。


⇒ 水の救急サポートセンターはこちらから